コカイン所持で逮捕されたパリス・ヒルトン、司法取引で刑務所行きは免れる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
200時間の社会奉仕活動を行うとのこと。また、薬物乱用プログラムにも参加することを決めたパリス・ヒルトン

 ラスベガスでコカイン所持の疑いで逮捕されたパリス・ヒルトンが、刑務所に行かなくて済むよう司法取引に応じるという。

 ラスベガス・レビュー紙によると、パリスは薬物所持の軽罪と公務執行妨害の軽罪を認める代わりに、執行猶予と2,000ドル(約17万円 1ドル=85円で計算)の罰金、および200時間の社会奉仕活動を行うとのこと。また、薬物乱用プログラムにも参加しなければならないという。一見甘い取引のようにも思えるが、執行猶予期間中にパリスが逮捕された場合、即座に執行猶予は無効となり、1年間の実刑判決が言い渡されることになっている。これには交通違反での逮捕も含まれており、普段はのんきなパリスも相当気をつけなければ、また泣きながらパトカーに乗せられて刑務所入りすることになるかもしれない。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]