海上保安庁、長官から『海猿』に感謝状!伊藤英明、加藤あい笑顔で受け取る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
海上保安庁からの感謝状と盾を受け取る伊藤英明と加藤あい

 23日、日比谷の東宝本社で映画『THE LAST MESSAGE 海猿』「輝け!未来の海猿」海洋少年団特別上映会が行われ、伊藤英明加藤あい佐藤隆太三浦翔平羽住英一郎監督が海上保安庁から感謝状を受け取った。

映画『THE LAST MESSAGE 海猿』写真ギャラリー

 「海猿」シリーズといえば、撮影において海上保安庁の全面的な協力体制が敷かれるなど、その縁は切っても切れない関係にある。前作が公開された2006年には、「海猿」効果で海上保安学校への入学希望者が1,000人近く増加するなど、まさに相思相愛の縁で結ばれてきた。そんなこともあり、新作公開に合わせて海上保安庁の鈴木長官から感謝状が贈呈されることになった。

[PR]

 「事故でおさわがせしております」と神妙な面持ちで登場した鈴木長官だが、本作のヒットは久々の明るい話題だった様子。「最初に2D版の試写を観たんですが、20日に、横浜みなとみらいの映画館でふんぱつしてプレミアムシートで3D版を観てきました。迫力のある映画で、海保のいい宣伝になりました。ただ一つ不満なのは、あれだけの事故が起きているのに、映画に長官が出てこないこと(笑)。もし次回作があるなら、ぜひ長官を出演させて欲しい」とジョーク交じりに本作を絶賛。感謝状を伊藤と羽住監督に手渡した。伊藤は4日間で動員100万人を突破した本作に触れて「それだけ観ていただけているということは、国民の方に海上保安庁へのご協力とご理解を深めていただけているということ。この作品をやって良かったなと思いました」と感激している様子。続けて羽住監督が「(本作では)長官が海外視察で不在にしているという設定でした」と付け加え、会場を沸かせていた。

 さらに感謝状のお礼として、「海猿」キャストから、「未来の海猿」海洋少年団の少年少女約100人を本作上映に招待。もともとこの日は巡視船の上にスクリーンを張り、そこに彼らを招待して上映を行う予定だったが、あいにくの雨により、船のイベントは中止。急きょ東宝本社でのイベントに切り替えられた。小学生へのメッセージを求められた加藤は「小学生の頃は勉強と習いごとばかりで毎日を過ごしていました。大人になったらその余力がなくて、何も残っていません。みんな嫌だと思うけど、遊びも精一杯、勉強もせいいっぱい頑張ってくださいね」と“未来の海猿”たちにエールを送っていた。

 本作は、海上保安庁の潜水士たちが苦難を乗り越え成長する姿を描く『海猿』シリーズの劇場版第3弾。巨大天然ガスプラントで発生した大事故の救助に向かった主人公たちが、国家レベルの非常事態と人命救助のはざまで翻弄(ほんろう)されながらも、自らの命を賭した行動に出る。

映画『THE LAST MESSAGE 海猿』は全国東宝系にて公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]