『大奥』初日動員17万人を突破!玉木宏の艶めかしい眼差しに、二宮和也も蔵之介もメロメロ!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
玉木宏の艶めかしい眼差しにみんながメロメロ

 2日、丸の内ピカデリー1にて映画『大奥』公開記念舞台あいさつが行われ、二宮和也柴咲コウ堀北真希大倉忠義中村蒼玉木宏阿部サダヲ佐々木蔵之介金子文紀監督が登場した。

映画『大奥』場面写真

 昨日の1日から公開された本作、昨日1日で早くも動員が17万人を突破するなど、幸先のいいスタートをきっている。この日の舞台あいさつも会場内は満員で、昨日観たばかりのリピーターも多かったようだ。その様子を見た柴咲は「映画館に多く観に来ていただいてありがとうございます。この映画に参加させていただいて、奇跡だと、ありがたいなと思っています」とあいさつ。そして阿部も「17万人の方が男女逆転した映画を観たということで、女性たちがすごくいい顔をしていらっしゃって。いい映画なんだなと思います」とコメントし、女性客中心の会場を沸かせていた。

[PR]

 男女逆転という世界観の中で、美しい男たちの美の競演が楽しめる本作だが、その中でも玉木の美しさは誰もが認めるところだろう。「自分自身は心も身体も乾ききっているので、メイクでうるおいを与えていただくことから始まり、あとはきれいな藤色衣装を着て……。でも初日は蔵之介さんとのラブシーンから始まり。難しいシーンでしたけど、蔵之介さんにリードしてもらって、楽しく撮影が終わりました」と妖しげにコメントすると、佐々木を艶(なま)めかしい眼差しで見つめていた。

 そこでスイッチが入ったのか、佐々木が「幸せな夜でした。思い出として一生残していきたい。理想の男性は玉木さんです」と告白すると、玉木も「ぼくも理想の男性は蔵之介さんですね。また続きがやれたらいいですね」と妖しげに告白。そこですかさず阿部が「ねえ、どっちがネコでタチだったの?」とストレートな質問をして、会場を笑わせていた。その後は大告白大会となり、堀北が「きれいで、かっこいい柴咲さんみたいな女性になりたい」、二宮が「理想の男性は玉木さんです。(ラブシーンは)蔵さんが卑猥にしか見えないんですよね」と告白するなど、壇上はまさに大奥ならではの愛憎模様(?)が展開され、その都度、会場は大盛り上がりだった。

 本作は、男だけを襲う謎の疫病がまん延する江戸時代を舞台に、一人の女将軍に3,000人の美男子たちが仕える女人禁制の男の園、逆大奥をめぐるドラマを描く異色時代劇。野望や嫉妬(しっと)、策略に愛憎など、業が渦巻く濃密なドラマが展開される。

映画『大奥』は丸の内ピカデリーほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]