ジョニー・デップ、『パイレーツ・オブ・カリビアン4』の撮影現場にヨットで通勤

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ブルースクリーンの前で『パイレーツ・オブ・カリビアン:オン・ストレンジャー・タイズ/Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides』(原題)を撮影中のジョニー・デップ - 写真:Splash/アフロ

 ジョニー・デップが映画『パイレーツ・オブ・カリビアン:オン・ストレンジャー・タイズ/Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides』(原題)の撮影現場にロンドンのテームズ川をヨットで下って通っているという。

ジョニー・デップ出演映画『ツーリスト』場面写真

 ジョニーは南ロンドンのバターシーから「ザ・ジョリー・ロジャー」の愛称で呼ばれる豪華なヨットに乗船。そこから撮影現場のグリニッジまで船で通っているようだ。「ジョニーは、簡単で早い移動ができるので船をチャーターした。フランスの自宅から朝到着して、バターシーでヨットに乗って、景色を楽しみながら現場に通っているよ」と、ある関係者はザ・サン紙に明かしている。

 シリーズ第4作目となる同映画への出演料は2,100万ポンド(約27億5,100万円)と推測されているが、ジョニーはギャラではなくジャック・スパロウへの愛情から出演を承諾したようだ。「俳優は自分が演じている役にほれ込む時がある。撮影が終盤にさしかかると、その役から離れなければならないことに気づき、時計のチクタクという音が聞こえてくるかのようにタイムリミットを感じてイライラしたり、感傷的になったりするんだよ」と、ジャックという役を本当に愛しているのがわかるコメントをしている。(1ポンド131円計算)(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]