石原さとみ、トラウマを持つ子持ちの悪女を演じて「楽しいと思いました」と清楚なほほ笑み

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
外見はかわいくても、本当は怖いんですよ?(にっこり)

 7日、新宿ピカデリーにて、映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』プレミア試写会が行われ、出演者の藤原竜也綾瀬はるか石原さとみ阿部力平山あや石井正則大野拓朗武田真治片平なぎさ北大路欣也日村勇紀(声のみ)が登壇。大型リムジンで会場に到着したキャスト陣たちはレッドカーペットを歩き大歓声を受けた後、舞台あいさつを行った。

映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』写真ギャラリー

 今作で元OLの謎めいた美女を演じる綾瀬は、役柄を意識したかのような大人っぽい黒のセクシードレスで登場。今回初タッグであり、ハリウッドでも活躍する中田秀夫監督との仕事の感想を聞かれ「パワーの源みたいな感じの人。いつもカメラの横にいて、シーンのにおいを想像させるようなことを言ってくれたので、気持ちを高めてもらってから本番に挑むことができました」と語り、充実したコラボレーションを行うことができた様子だった。

[PR]

 一方、綾瀬とは対照的な薄紫のドレスで清楚(せいそ)な魅力を振りまいた石原は、劇中でトラウマを持つ子持ちのウェブデザイナーという役どころで、恐ろしい演技を披露している。撮影を振り返り「こういう役は楽しいと思いました(笑)。わたしが演じるキャラクターが変化していく様を注目してほしいです」とにこやかにアピールした。

 また、劇中で10人のキャラクターが時給11万2千円で7日間の仕事をすることにちなみ、全員がその期間に稼ぐ金額である総額1億6,128万円が本物の現金でこの日舞台に運ばれ、キャスト陣を驚かせた。フォトセッションの際には、全員それぞれが本物の1,000万円を手にニッコリ。そして最後に藤原が「年代を問わず、幅広い方に観てもらえる娯楽エンターテインメント作品になっています!」としっかりアピールして締めくくった。

映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』は2008年の「このミステリーがすごい!」に選ばれた米澤穂信の小説を原作に、映画『リング』『L change the WorLd』の中田秀夫監督が映画化した心理サスペンス。時給11万2,000円という広告に釣られて集まった男女10人が、奇妙で危険な究極のゲームを繰り広げる様を描く。

映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』は10月16日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]