村上春樹、惜しくもノーベル文学賞逃がす!ブックメーカーのオッズは6倍の第2位と過去最高に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
村上春樹氏 - isifa / Getty Images

 7日、現地時間午後1時(日本時間同8時)にノーベル文学賞が発表され、ペルーの作家で74歳のマリオ・バルガス・リョサ氏に授与が決定し、期待されていた日本の村上春樹氏は惜しくも受賞を逃した。

村上春樹原作の短編小説映画化『神の子どもたちはみな踊る』写真ギャラリー

 村上氏はイギリスのブックメーカー、ラドブロークスのノーベル文学賞受賞者を予想するオッズにおいて7日の時点で6倍の第2位となっており、期待が高まっていた。村上氏は何度かこのブックメーカーに名前が登場していたが、今回の倍率はいままでで最高であったため世界中の注目が集まっていた。

 村上氏は日本だけでなく、欧州で人気が高く、今年は全世界的に、まさに村上イヤーと言っても過言ではなかった。「1Q84」シリーズが累計400万部を突破し、村上氏の代表作ともいえるベストセラー長編小説の映画化『ノルウェイの森』がヴェネチア国際映画祭で世界中から大喝采を浴びたほか、村上氏の同タイトルの短編小説の舞台を日本からロサンゼルスに置き換えて映画化した映画『神の子どもたちはみな踊る』も10月30日より公開されることが決定している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]