配給は『ハリポタ』のワーナー!『リング』中田秀夫監督最新作『インシテミル』がすでに世界28か国で公開決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
左から綾瀬はるか、藤原竜也、石原さとみ

 16日、丸の内ピカデリーにて、映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』初日舞台あいさつが行われ、出演者の藤原竜也綾瀬はるか石原さとみ阿部力平山あや石井正則大野拓朗武田真治片平なぎさ北大路欣也日村勇紀バナナマン)、中田秀夫監督が登壇した。この日、本作が公開前からすでに欧州やアジアを中心に世界28か国での配給が決定済みとなっていることが発表され、登壇者らは喜びに包まれた。

映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』写真ギャラリー

 なごやかにトークが進む中、綾瀬が今作の撮影中の3月24日に25歳の誕生日を迎えたことが話題に。綾瀬は当時を振り返り「ケーキと寄せ書きを頂きました。すごくうれしかったです」と顔をほころばせた。すると日村が「(寄せ書きなんて)今初めて聞きましたね!」と口を挟んで自分が寄せ書きのメンバーに入っていなかったことを嘆き、綾瀬を苦笑いさせていた。

[PR]

 この豪華メンバーをまとめた中田監督は「撮影前に北大路さんから、『新人俳優のつもりでやります』と言われ、ド緊張しました(笑)。みなさんそれぞれ、自分が演じるキャラクターを掘り下げてくれた。主役ひとりずつとかわるがわる仕事をしたようで、楽しかったです」と役者陣を褒め称えた。そして最後に藤原が客席に向かって「あなたも、7日間のデス・ゲームに?」と呼びかけ、観客が「インシテミル!」と答えて華やかにあいさつを締めくくった。

『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』は2008年の「このミステリーがすごい!」に選ばれた米澤穂信の同名小説を映画『L change the WorLd』『リング』シリーズの中田秀夫監督が映画化した心理サスペンス。時給11万2,000円という求人広告に釣られた10人の男女が、7日間24時間監視されるという状況の中で、心理戦を繰り広げるさまを描く。

映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]