世界初!『バトル・ロワイアル3D』はサウンドまでも3Dに?自宅で体感可能!ダウンロードも!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映像のラストは柴咲コウで締めくくられています! - (C) 2010「BR3D」製作委員会

 11月20日に公開される映画『バトル・ロワイアル3D』で、衝撃の3Dサウンド映像が解禁された。2000年に公開され、国会で「青少年に悪影響を与える」と激しく議論されたほどの衝撃作を、3Dでよみがえらせるということで話題を呼んでいる本作。サウンドまでも3D化された映像は一見の価値あり。しかも、今回解禁されたのは、ホームシアターのような設備がなくても映画館のような立体音響が楽しめる、世界初の映像だ。

映画『バトル・ロワイアル3D』衝撃の3Dサウンド映像!

 映像は、ビートたけし演じる教師キタノの「ちょっと殺し合いをしてもらいます」という言葉で始まり、そこから『バトル・ロワイアル』のロゴが回転する映像になり、サウンドが強調される。おなじみのベルディのレクイエムに、悲鳴や銃声、さまざまなものが合わせられた立体音響が繰り広げられる。ホームシアターのような設備がなくても楽しめる音響になっているので、今すぐにでも視聴可能だ。

[PR]

 また『バトル・ロワイアル3D』では、今回解禁された映像、テレビスポット、街頭ビジュアル、土屋アンナが歌う主題歌「CHECKMATE mash up ANTY the 紅乃壱,VOLTA MASTERS」の着うたまでもが衝撃の3Dサウンドで展開されていく予定。自身の歌が3Dサウンドでダウンロード可能になるとあって、土屋も「音楽も3Dになるなんて本当に衝撃っす!! かなりテンションの高い突き抜けた曲なんで、3Dになった映画同様、その迫力を体感してくれー!」と喜びのコメントを寄せている。

 最新技術により、全編を3Dに変換した『バトル・ロワイアル3D』は、本編でもサウンドにこだわり、2000年当時の音源をベースに、デジタルの音をすべて、作り直している。藤原竜也前田亜季山本太郎安藤政信、ビートたけしのほか、栗山千明塚本高史高岡蒼佑柴咲コウ美波の懐かしい姿を観ることができるだけでも魅力の本作の、パワーアップした姿に期待は高まるばかりだ。

映画『バトル・ロワイアル3D』は11月20日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]