蒼井優、江口洋介の恥ずかしい一面を暴露!「人の話を聞かない、カンペに書いてあることをそのまま言う…」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「江口さん、こうですよ」「……おお」 蒼井優と江口洋介

 映画『洋菓子店コアンドル』の完成披露試写会が11日、東京・新宿の明治安田生命ホールで行われ、主演の江口洋介蒼井優、そして深川栄洋監督が舞台あいさつに登壇した。

映画『洋菓子店コアンドル』場面写真

 本作は東京の洋菓子店を舞台に、伝説のパティシエ(江口)と上京したてのケーキ屋の娘(蒼井)がスイーツ作りを通して、人生の挫折を乗り越え再生していく姿を描く感動ストーリー。主演の江口は、「宝石のようなケーキがたくさん出てきて、映像的にもきれいな作品。でもそれだけじゃなく、ケーキを作る職人たちの過去や思いも描かれている。ビター&スイートな作品です」と洋菓子をテーマにした作品らしく、うまいコメント。

[PR]

 ところがこれに対して、蒼井はなぜか爆笑! 実は舞台あいさつ前に行われた取材でも、江口は「ビター&スイート」を連発していたといい、さらにそのフレーズは宣伝スタッフが用意したカンペに書かれていたものだったそうだ。「カンペに書いてあることをそのまま、お話されているのがもうおかしくておかしくて」と笑いがこらえきれない蒼井は、さらに、江口が撮影中に他人の話をまったく聞いていなかったと暴露。恥ずかしい一面が次々と暴かれてしまい、江口もバツの悪そうな表情だった。

 ここで名誉挽回したい江口だったが、蒼井演じるヒロインの名前「なつめ」を数回、「なつみ」と間違えてしまう大失態。蒼井も「(撮影の)本番中も間違えていましたね」とダメ押しの決定打! 最後まで無邪気な蒼井に翻ろうされる江口だった。

映画『洋菓子店コアンドル』は2011年2月11日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]