故ジル・クレイバーグ追悼のためにブロードウェイが照明を落とす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジル・クレイバーグさん - Jim Spellman / WireImage / Getty Images

 先日、白血病で亡くなったオスカーノミネート女優ジル・クレイバーグさんを追悼するため、ブロードウェイにあるすべての劇場が火曜日の夜7時から1分間にわたって照明を落とした。

 ジルさんは1960年代から70年代にかけ、ミュージカル「ザ・ロスチャイルズ」や「ピピン」などでブロードウェイに立ち、2006年にはニール・サイモンの「ベアフット・イン・ザ・パーク」にも出演。映画では『結婚しない女』と『結婚ゲーム』でアカデミー賞主演女優賞に2度ノミネートされている。ジルさんの葬儀は執り行われないことが夫デヴィッド・レーブによって発表されているが、半年後に追悼式を開くらしい。

 ここ数年では、ナターシャ・リチャードソンさん、レナ・ホーンさん、ロン・シルバーさんなどのためにブロードウェイの照明が落とされている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]