仲里依紗、宙吊りで堂本光一と妖艶な逢瀬!「昼は淑女で、夜は娼婦のような女優」と山本寛斎が絶賛!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
昼は淑女で、夜は娼婦のような女優!! -仲里依紗

 20日、江東区の有明コロシアムで、ファッションデザイナーの山本寛斎プロデュースによる舞台KANSAI SUPER SHOW「七人の侍」が初日を迎え、主演の堂本光一仲里依紗魔裟斗上島竜兵森山開次池谷幸雄出川哲朗Mishaal柄本明、そして本舞台の監督・総指揮を務める山本寛斎が公演直前に報道陣の取材に応じた。

 世界的ファッションデザイナーの山本が、巨大な空間を埋め尽くす圧倒的なスケールと演出で行うKANSAI SUPER SHOW第3弾として上演されるのは、巨匠・黒澤明監督の映画『七人の侍』をモチーフに、山本が構想と準備に3年の歳月をかけて作り上げたというスペクタクル巨編。壇上にキャスト陣が集結すると、会場は非常に華やかな雰囲気になっていた。

 かつて仲が演じたゼブラクイーンを彷彿(ほうふつ)とさせるパンクロック風の着物ファッションに身を包んだ仲は、「初めて大きな舞台に立たせていただいて緊張してますが、体力勝負でがんばりたいと思います。(戦闘シーンでは、アリーナに張り巡らされた200トンの水がはねて)濡れると思いますけど、覚悟してください」とドキドキしながらも力強く意気込みを語っていた。今回、仲を起用したきっかけについて山本は、仲が出演していた映画『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』のメガホンを取った三池崇史監督の存在があることを明かし、「世間で言われているような、昼は淑女で、夜は娼婦のような女優はいないかと聞いたら、仲さんがいると言われた」と起用理由を明かしていた。

[PR]

 女侍、里依紗役を演じた仲は、なぎなたを振り回し、屈強な男たちを蹴散らすなど、男勝りな芝居を本番では披露。しかし、七夕の夜に堂本とたまさかの逢瀬を楽しむ、という場面になると、戦闘モードから一変。ワイヤーで宙に吊られた状態で妖艶な存在感を放っていた。山本によると、アジア・アメリカ公演を見据えた世界展開が予定されているという本舞台だが、いつの日か、この妖艶な仲の存在感が世界に発信される日が来るかもしれない。

KANSAI SUPER SHOW「七人の侍」は11月21日まで有明コロシアムにて公演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]