菊地凛子、攻めの姿勢で『ノルウェイの森』ゲット!最初は会う気もなかった監督もノックアウト!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
仕事も恋も攻めの姿勢を貫きます! -菊地凛子

 村上春樹の代表作を映画化した映画『ノルウェイの森』のジャパンプレミアが23日、村上氏の母校・早稲田大学で行われ、主演の松山ケンイチ菊地凛子水原希子霧島れいか初音映莉子玉山鉄二、そしてトラン・アン・ユン監督が大隈講堂での完成披露会見に臨んだ。

松山ケンイチが村上世界に入り込んだ映画『ノルウェイの森』写真ギャラリー

 映画の撮影も行われた早大での会見に、登壇者は皆、感慨深い面持ち。主演の松山は「言葉では言い尽くせないすごい作品。自分で言うのも何ですが、作品もお芝居も完ぺきだと思います」と自信をのぞかせ、ユン監督も「村上さんから『いい作品だ』と言ってもらえてうれしく思っている」と安どの表情を浮かべ、今はプレッシャーから解放された様子だった。

[PR]

 一方、菊地は18歳のころに原作と出会って以来、ヒロイン・直子を演じることを熱望していたんだとか。「映画化の話を聞いたとき、しつこくオーディションを受けさせてくれとお願いした」と振り返る菊地に対して、ユン監督は「実はイメージと合わないと思って、会おうとも思っていなかった」と告白。しかし、監督のもとに送られた菊地の映像を見て「存在感に驚かされた」そうで、その後菊地とユン監督の面談が実現した。約20分間、話をした後、別れ際に菊地は「それで役はいただけるんですか?」と単刀直入に直談判! その勢いに圧倒されたユン監督は思わず「ハイ」と即答したそうだ。

 このエピソード披露に、菊地は「わたしは(欲しいものは)つかみに行くタイプなんです。最後まであきらめないしつこさがあったから、この作品に出ることができた」と胸を張った。本作が出品された第67回ヴェネチア国際映画祭では、スパイク・ジョーンズ監督との交際も発覚。仕事も恋も攻めの姿勢を貫くのが、菊地流!? なのかもしれない。

 『ノルウェイの森』は1987年に刊行されベストセラーとなった村上春樹の代表作「ノルウェイの森」を、映画『青いパパイヤの香り』『夏至』などで知られるユン監督が映画化。主人公ワタナベ(松山)が亡くなった親友の恋人(菊地)との関係を通し、愛と性、生と死を見つめる叙情的なラブストーリー。第67回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に出品された。

映画『ノルウェイの森』は12月11日より全国ロードショー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]