シネマトゥデイ
シネマトゥデイ

NY5番街高級アパートで巣作り!野生の鷹描いたドキュメンタリー、監督が自然愛熱弁!

NY5番街高級アパートで巣作り!野生の鷹描いたドキュメンタリー、監督が自然愛熱弁!
フレデリック・リリエン監督

 セントラルパークの前にある5番街の高級アパートのテラスに、巣を作って住んでいたPale Male(ペイル・メイル)という愛称がつけられた赤ノスリ(野生の鷹)を描いたドキュメンタリー作品について、監督のフレデリック・リリエンが語った。

 同作は、都会にすむことのない大型猛禽類である赤ノスリが、1990年代にニューヨークのセントラルパークの手前にある5番街の高級アパートのテラスに巣を作ってすみ始めたことから、ニューヨーク中の人気者となったが、ある日そのアパートの管理人が巣を撤去したことから、ニューヨーク中の新聞の一面を飾るほどの話題となってしまった大騒動が勃発してしまう。大都会にすむ動物を通して、自然愛を追求した映画。

 大型猛禽類が5番街のアパートにすむことは意外だが、セントラルパークにたくさん居るリスやハトなど考えると、それらを頻繁に餌にできる赤ノスリが、セントラルパーク付近にすんでいてもおかしくない気もする。この点について「これまで長い間、このように大型猛禽類がすんでいなかったのは、その大半は人間に狩られたり、過去にDDT(有機塩素系の殺虫剤)を撒かれたりで、常に追い払われてきたからだと思う。ただ、そういった大型猛禽類も、餌を確保できるという理由で、このペイル・メイルのように街にすもうとしたのかもしれない」と初めて赤ノスリをセントラルパークで見てから、16年以上もの長い間、この赤ノスリを撮影してきたフレデリックが語った。

 このペイル・メイルが最初に羽を休め、巣を作ろうと目を付けたのが、あの映画監督ウディ・アレンの隣のアパートだそうだ。フレデリックは「ちょうどウディ・アレンが、1992年にミア・ファローの養女であったスン=イーとの交際が発覚した後で、その翌年の1993年から僕は撮影をし始めたため、よく写真家やTVカメラマンがカメラを向けて撮影していたのは、実際にはこの珍しいペイル・メイルだったのだけれど、通行人にはウディ・アレンを追っかけているパパラッチと勘違いした人たちが随分いたみたいなんだ」と明かした後、「肝心なウディ・アレンの方は、新聞やTVを通してこのアパートの下で写真を撮っているのは、自分ではないことは分かっていたみたいだ」と付け加えた。結局、ペイル・メイルはそこでは巣を作らず、最終的にはそのウディ・アレンが住む真横の高級アパートで、TVスター、メアリー・タイラー・ムーアが住んでいる部屋の4階上のアパートのテラスに巣を作ることとなった。

 この高級アパートの管理人が、ペイル・メイルの巣を取り除いた具体的な理由は「もちろん、高級アパートの居住者の中には、メアリー・タイラー・ムーアのように喜んでいた人もいるけれど、ほとんどの居住者は、あれだけ人々に注目されていたことを嫌がっていたんだと思う。考えても見てほしい。高額な金額を払って、居心地の良いアパートを手に入れて住んでいるのに、下から望遠鏡で窓越しを覗かれたり、カメラで撮影されたりしたら良い気分はしないと思う。ある意味、脅威を感じるくらいだ。結局、その不満が居住者の賛同を得て、管理人が代表して取り除くことになったんだよ」とフレデリックは答えた。さらに「ただ彼ら居住者は、まさかこのペイル・メイルが、これほどまでに人々に衝撃を与えてることになるとは、全く予測できなかったんだと思う。実際にニューヨークの人々は、この街で暮らすペイル・メイルに、ある意味シンボルのようなものを見出していたのかもしれないね」と、ニューヨークの人々の思いについても言及した。この撤去事件は大騒動を起こして人々の反感を買ってしまい、最終的にはこのアパートの居住者たちを説得させ、再び巣を人工的に作ることとなった。

 ニューヨークの素晴らしい外観に見守られながら、街並を飛び交う赤ノスリの姿は威厳があり、美しく映し出されている。この映画は、他の動物と自然を共有して生きていかねばいけない人間にとって、貴重な作品に仕上がっている。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2010年
  3. 12月
  4. 3日
  5. NY5番街高級アパートで巣作り!野生の鷹描いたドキュメンタリー、監督が自然愛熱弁!