仲間由紀恵、愛らしいピンクの着物姿!鯛型のカイロを客席にまいて『武士の家計簿』初日は大にぎわい!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大ヒット祈願!鯛型カイロを客席にまいて、大盛り上がり!! -仲間由紀恵(左)、堺雅人(右)

 4日、映画『武士の家計簿』初日舞台あいさつが丸の内ピカデリー2にて行われ、堺雅人仲間由紀恵松坂慶子中村雅俊草笛光子西村雅彦伊藤祐輝藤井美菜大八木凱斗森田芳光監督が登壇した。

映画『武士の家計簿』場面写真

 本作は、幕末から明治にかけての激動の時代に、支え合い、知恵と愛で生き抜いた親子三世代にわたる家族の物語。上映が終了し、ほのぼのムード漂う会場の中、ピンクを基調にした愛らしい着物姿で登場した仲間。この日は登壇者全員が作品に登場する鯛の色にちなんで、鯛色(朱色やオレンジ色)をワンポイントで身に付けることになっており、仲間は「帯の一部と、チークの色を鯛色にしました」とオレンジ色のほおをゆるませにっこり。そして「撮影中は温かい家族に囲まれ、本当に楽しい毎日でした。この温かい気持ちを忘れず、今後もがんばっていきたいです」と充実した撮影の日々を振り返っていた。

[PR]

 トーク後は、大ヒットを祈り、“めで鯛(たい)”づくしで初日を迎えようということで、全長約55センチもある本物の大鯛が登場。さらに、キャスト陣が鯛型のカイロを壇上から客席に向かって投げ入れる大サービスも行い、客席は大盛り上がり。最後に堺は「今回自分が演じた(下級武士の)役は、幕末のどんな人物と比べてもひけをとらない、かっこいい人物だと思っています。この一家を、末永く愛して下さい」と作品への誇りがひしひしと伝わるメッセージを観客に送り、温かい拍手に包まれていた。

 『武士の家計簿』は磯田道史原作のベストセラー「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を、森田芳光監督が映画化した異色時代劇。代々加賀藩の財政に携わり“そろばんバカ”と呼ばれた下級武士(堺)が、妻(仲間)の支えを得ながら一家、そして藩の財政を切り盛りしていく姿を描く。

映画『武士の家計簿』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]