脚フェチ!タランティーノ監督、ユマ・サーマンの靴でシャンパンを飲んで昇天!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
靴でシャンパンを飲む、ユマ・サーマンと、右はクエンティン・タランティーノ監督 - 写真:Splash/アフロ

  ニューヨークの有名クラブ「フライヤー・クラブ」が主催する、セレブをからかって楽しむ「ロースト」イベントが行われ、今年はクエンティン・タランティーノ監督が主役となった。

 このパーティーは、「ロースター」と呼ばれるからかい役のセレブたちが、主役に辛らつなジョークを言ったり、意地悪なイタズラを仕掛けたり、ふざけて大恥をかかせたりと、大物相手に無礼講を繰り広げるもの。主役のタランティーノ監督に一杯食わせようと、パーティーにはサミュエル・L・ジャクソンジェリー・ルイスロブ・シュナイダーハーヴェイ・カイテルブレット・ラトナーマイケル・マドセンなど、2300人ものゲストがかけつけた。

 そんな中、映画『ホステル』のイーライ・ロス監督が、「クエンティンには、ものすごい数の女性の靴のコレクションがある」と、タランティーノ監督の「脚フェチ」を暴露。するとその後、スピーチに立ったユマ・サーマンが、自分の履いていたハイヒールを脱ぎ、そこへシャンパンを注いでタランティーノ監督に! タランティーノ監督はユマのハイヒールからうれしそうに(?)シャンパンを飲み干していた。女性の脚が大好き、というタランティーノ監督だけに、天にも昇る味だったに違いない。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]