現役女子高生いっぱい!18歳桜庭ななみ、「制服、萌えますね」とポロリ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
集まった女子高生たちと笑顔で!-桜庭ななみ

 女優で18歳現役女子高生の桜庭ななみが10日、ワーナー・ブラザース映画試写室で行われた映画『最後の忠臣蔵』特別試写会に登場し、「赤穂浪士47人」にちなんで招待された女子高生47人と共にガールズトークを繰り広げた。

映画『最後の忠臣蔵』場面写真

 桜庭の登場に、客席のあちこちから「かわいい」の声が。当の桜庭も「制服、萌えますね」と同世代の観客にホッと笑顔を見せた。作品に感動したあまり、涙が止まらなくなった女子高生が「役所広司さんがもういとおしくなっちゃって……」と語りだすと、桜庭は「わたしも共演させていただき『もぉ、役所さ~ん』って思いましたよ」とすっかり意気投合していた。そんな桜庭は「皆さん、恋愛とかはどうなんですかねー」と同世代のリアルな恋愛事情に興味津々。来場者のほとんどはクリスマスに予定がないと分かり「わたしは女子高なんで、恋愛がすごく遠いものになっていて……。だからうれしいです。あっ、喜んじゃいけないですね」とプライベートを垣間見せた。

[PR]

 客席からは「仕事と勉強をどう両立させているんですか?」とこれまた同世代ならではの質問も。桜庭は「わたしは不器用なので、両立は大変。でも学校の友達が励ましのメールをくれたり、ノートをコピーしてくれたり本当に(存在が)大きいですね。友達のありがたさを感じています」と明かし、会場の女子高生たちも大きくうなずいていた。普段は撮影や取材などで、大人たちとのやりとりが多いという桜庭。「今日は皆さんのリアルな感想を聞けて、うれしかったです」とご機嫌な様子だった。

 映画『最後の忠臣蔵』は池宮彰一郎の同名小説を映画化した時代劇。討ち入りの真実を後世に伝えるため、赤穂浪士47人の中で一人だけ死ぬことを許されなかった寺坂吉右衛門佐藤浩市)と、討ち入り前日に逃亡した瀬尾孫左衛門(役所広司)の人間模様を軸に、誰もが知る「忠臣蔵」をこれまでと違ったアプローチで描く。桜庭は大石内蔵助の隠し子・可音を演じる。

映画『最後の忠臣蔵』は12月18日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]