4000万円以上も赤字のマーク・ウォールバーグ、『ザ・ファイター』のトレーニング代に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
それほどすごいトレーニングだったということですね……。マーク・ウォールバーグ

 映画『ザ・ファイター(原題) / The Fighter』でウェルター級の世界チャンピオン、ミッキー・ウォードを演じたマーク・ウォールバーグが、役作りのために巨額を投じたことを明かした。

 マークは、映画内でのボクシングシーンをリアルに見せるためにトレーニングを重ね、ギャラよりも50万ドル(約4,100万円)多くかけたという。「ボクシングの映画は多くて、僕はほとんどの作品が好きだけど、この映画を別格にするには、ファイトシーンをよりリアルにすることだと思ったんだ。ほかの誰が演じたボクサーよりも本物のボクサーに見えることが大事だった。トレーナーを雇って、一緒に行動をしてもらった。彼らに払ったお金はギャラよりも50万ドルもオーバーしちゃったよ」と、個人的には赤字映画だったと語った。

 ゴールデン・グローブ賞で主演男優賞にノミネートされたマークは、「ものすごく興奮しているよ。誰も観ないかもしれないけど、この映画を作りたかったんだ。それだけでもうれしいのに賞にノミネートされるとはね」と驚きを隠せず、映画を一緒に作ったスタッフとキャストにとってもうれしいノミネーションだとコメントしている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]