3Dメガネの使用法をパトロール!映画鑑賞マナーも見逃さない『グリーン・ホーネット』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マナー違反を警戒中のグリーン・ホーネット、「蜂の巣にされますのでご注意を!」

 もはや映画館の必須アイテムといえる3Dメガネ、正しい使用法を知らないとハイテク・ヒーロー「グリーン・ホーネット」に蜂の巣にされてしまうかも!? グリーン・ホーネットが取り締まる3Dメガネ使用マナー予告が登場した。

映画『グリーン・ホーネット』3Dメガネマナー予告

 昼間の顔は新聞社の社長と運転手である2人が、正義に目覚めハイテク機器を自在に操り、ロザンセルスにはびこる悪党を制裁していく映画『グリーン・ホーネット』。現在上映中のグリーン・ホーネットが登場する3Dメガネの使用マナーを訴える予告では、飲み物の中に入れたり、振り回したり、悪ふざけが過ぎると、最大の武器であるマシンガンで「蜂(=ホーネット)の巣にされますのでご注意を」と警告中。悪に対する力加減を知らないグリーン・ホーネット、マナー違反も徹底的にパトロールしているようだ。

[PR]

 3D映画ならではの企画が満載の本作は、新年1月1日の朝日新聞・東京版の広告には映画の広告として初めて、3D新聞広告を掲載予定。12月末にチラシと一緒に配布される3Dメガネで、元日に掲載される本作の広告を見ると、一部分が浮き上がって見えるそうだ。何が見えるかはお楽しみというが、加減知らずのグリーン・ホーネットだけにサプライズで腰を抜かしてしまうかも?

 映画『グリーン・ホーネット』は1960年代に放送されたアメリカのテレビドラマの映画化。テレビドラマ版では、ブレイク前のブルース・リーが運転手・カトー役で出演していた。来年1月に開催されるジャパン・プレミアには主演のセス・ローゲンジェイ・チョウ、そしてミシェル・ゴンドリー監督が来日する予定。

映画『グリーン・ホーネット』は2011年1月22日より丸の内ピカデリー他全国ロードショー

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]