『禁断の惑星』出演の女優アン・フランシスさんがすい臓がんのため死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アン・フランシスさん ご冥福をお祈りいたします。 - SGranitz / WireImage / Getty Images

 映画『禁断の惑星』に出演した女優アン・フランシスさんが、すい臓がんによる合併症のため、カリフォルニア州サンタバーバラの高齢者施設で亡くなったと、ロサンゼルスタイムズなどが報じた。享年80歳。

 アン・フランシスさんは、1930年ニューヨーク州オシニング生まれ。子どものころからモデル活動やブロードウェイ出演などをこなし、1956年に映画『禁断の惑星』でロボットのロビーと共に謎の惑星に住む美少女アルテラを演じ注目された。60年代には日本でも放映されたテレビドラマ「ハニーにおまかせ」の美人探偵ハニー・ウエスト役で人気を集め、この役で1966年にゴールデン・グローブ賞を受賞。その後もテレビを中心に活動した。

 『禁断の惑星』で共演した故・レスリー・ニールセンさんも、昨年肺炎による合併症が原因で亡くなっている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]