マドンナ、フィットネスクラブの次は高級ナイトクラブのオーナーに?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
実業家マドンナ! - Jon Kopaloff / FilmMagic / Getty Images

 マドンナが、ロンドンの高級街メイフェアにあるナイトクラブ「アウラ・メイフェア」へ投資を行いオーナーとなるべく、現在このクラブの株式の大部分を所有しているマレーシアの実業家、トニー・フェルナンデス氏と交渉に入っているそうだ。

 このクラブは、有名人も頻繁に訪れる人気クラブで、マドンナは常連のひとり。クラブで行われるイベントにもよく顔を出していたが、今回はお客ではなく、オーナーとしてクラブ経営に乗り出す構えだ。テレグラフ紙(電子版)によると、マドンナはすでにフェルナンデス氏と面会しており、関係者は「投資は自然な動きだ。マドンナには野心的な計画があるからね」と語っているそう。フェルナンデス氏は、日本でも格安航空として知られるマレーシアの航空会社「エア・アジア」の最高経営責任者で、F1チーム「ロータス」の代表でもある。マドンナは2009年にメキシコにフィットネスクラブのチェーンをオープンさせたばかりだが、今度は、世界が注目する大富豪との新たなビジネスをぜひ成功させたいと考えているよう。

 ところで、メイフェアにはマドンナの元夫であるガイ・リッチー監督も自身のパブ「パンチボール」を経営しており、マドンナのオーナーシップが確定すれば元夫婦同士の経営対決になる可能性も。芸能活動を超えて、児童本やファッション界、そしてクラブ経営と、幅広いビジネス手腕を見せ付けている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]