シネマトゥデイ

人気洋ゲー「モータルコンバット」がダークな世界観で再実写化!監督はマドンナの振付師!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「モータルコンバット」Play Station - Business Wire / Getty Images

 海外では絶大な人気を誇り、実写化もされたゲーム「モータルコンバット」シリーズが、ダークな世界観を生かした新シリーズとして再実写化されることがワーナー・ブラザースから発表された。本シリーズの監督を手掛けるのは、マドンナの振付師としても活動しているケヴィン・タンシャローエンだ。

こちらも人気格闘ゲームの実写映画! 『TEKKEN 鉄拳』場面写真

 「モータルコンバット」は、1992年にアメリカで発売された格闘ゲーム。現在に至るまで海外では高い人気を誇っており、1995年には後に映画『バイオハザード』シリーズを制作することとなるポール・W・S・アンダーソン監督の下、映画化された。ホラー映画情報サイトBloody Disgustingによると、今回、制作が発表されたのは、YouTubeの動画がきっかけとなって企画されたという珍しいウェブドラマのシリーズだ。

[PR]

 本ドラマシリーズのタンシャローエン監督は、マドンナのミュージック・ビデオなども担当したことのある振付師だったが、去年、YouTubeに投稿した「モータルコンバット」のショートフィルム「Mortal Kombat:Reboot」がネット上で大きな話題に。それを目にしたのが映画化権を持つワーナー・ブラザース映画で、改めて監督に正式なオファーを出したという。

 映画化を企画して制作したというタンシャローエン監督のショートフィルムは、映画作品とは異なり、ダークな世界観を採用したもので、グロテスクな場面も多い。このショートフィルムを基にしたウェブシリーズは全10話を予定している。ゲーム「モータルコンバット」の最新作も、今春に発売が予定されており、このまま監督の当初の希望通り、映画化されるということもありうるかもしれない。ショートフィルムは、現在でもYouTubeで視聴可能。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]