相棒は相棒でもこっちは緑色!『グリーン・ホーネット』のコンビに来日インタビュー!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
兄弟以上!?な仲の良さのジェイ・チョウとセス・ローゲン

 新聞社の若手社長が、優秀な相棒と正義の味方に変身して悪を成敗する3Dヒーローアクション映画『グリーン・ホーネット』に出演するセス・ローゲンジェイ・チョウが来日インタビューで、本作の魅力について語った。

映画『グリーン・ホーネット』写真ギャラリー

 本作はフランス出身で映画『エターナル・サンシャイン』『僕らのミライヘ逆回転』など異色作を多く手掛けた鬼才、ミシェル・ゴンドリー監督がアクション映画に初挑戦した作品。主人公ブリット役のセスはカナダ人、彼の相棒カトーを演じるジェイは台湾人という多国籍な顔ぶれで製作され、先に公開された米国の週末興行ランキングでは、見事に初登場ナンバーワンを獲得した。

[PR]

 ボンクラ青年社長ブリット(セス)とメカニックと格闘の天才カトー(ジェイ)が、力を合わせて悪を倒す、文字通りデコボコな相棒ぶりこそが本作の魅力だと語るセス。しかもその相棒同士は少年のようにライバル心むき出しで、互いに一歩も譲らない関係。ついには女性の奪い合いまで始めてしまう。「相手はブリットの秘書レノア(キャメロン・デイアス)なんだけど、彼女はどちらも好きでないっていうのがミソなんだ」と大笑いするセス。「たいがいのヒーローものでは、ヒーロー同士で1人の女性を取り合うなんてことしないよね。この僕らの関係こそが本作の特徴なんだよ」とジェイも続ける。

 この恋の三角関係によるズレから、劇中では2人が取っ組み合いのケンカをする場面も。セスが「一人っ子のブリットは手加減というものを知らないから、カトーの事を徹底的に痛めつけようとするんだ。でも僕はジェイに怪我はさせていないよ。アザのひとつもね」と笑いながら、ジェイを気遣っていたことを話すと、ジェイは「むしろ僕がセスに怪我させたかと思ったほどさ。パンチしたら、彼がものすごく痛がって。実はそれが演技だったんだけど、見事にだまされたよ」とまじめにセスの演技力の高さを強調。一人っ子のジェイは、セスを兄と思って年下気分を味わったようだ。

 同作の脚本も兼ねたセスは「撮影は本当に楽しかったな。実はジェイに合わせて脚本を書き変えた部分もあるし、彼のアイデアも取り入れたんだよ。とりわけジェイが粋な英語の台詞を考えたりしてくれたのには驚いたよ!」と語るなど、撮影を通しすっかりと意気投合した様子のセスとジェイの2人。取材の合間に腕相撲姿を披露するなど、兄弟のように仲の良い面を見せ、本作の続編が製作されたときには「もちろん出演する!」とそろって答えた。

映画『グリーン・ホーネット』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]