『007』『野生のエルザ』のアカデミー賞作曲家ジョン・バリー 死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ご冥福をお祈り致します。-ジョン・バリーさん - Neilson Barnard / Getty Images

 映画『007』シリーズ、『真夜中のカウボーイ』『ダンス・ウィズ・ウルブズ』などの映画音楽を作曲したジョン・バリーが亡くなった。77歳だった。

 アクセス・ハリウッドによると、ジョンはニューヨークの自宅で亡くなったというが、家族は死因については公表していないという。合計で5つのオスカーを手にしたジョンは、1966年に映画『野生のエルザ』で作曲賞と歌曲賞を受賞。その後、『冬のライオン』『愛と哀しみの果て』『ダンス・ウィズ・ウルブズ』でアカデミー賞を獲得し、『クイン・メリー/愛と悲しみの生涯』『チャーリー』でもアカデミー賞にノミネートされていた。

 ジョンはアイリッシュ・タイムズ紙のインタビューで、映画界での成功は大して難しくはなかったと語っている。「音楽に対する直感を持っていて、的確な方程式をあてがって作曲をし、きちんと指導をしてくれる人に出会う幸運があればいいだけ。僕にとっては大変なことではなかったよ」と、コメント。楽に生まれたのだとしても、ジョンが遺した数々のすばらしい映画音楽は後世に伝えられるだろう。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]