桜庭ななみ、恋愛では肉食系女子!?「わたしは当たって砕けろタイプ」と告白!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
素敵な2人を3Dで体感できる!-瀬戸康史と桜庭ななみ

 8日、新宿ピカデリーにて映画『ランウェイ☆ビート』完成披露試写会が行われ、主演の瀬戸康史桜庭ななみ桐谷美玲IMALU田中圭加治将樹小島藤子大谷健太郎監督が登壇した。

映画『ランウェイ☆ビート』場面写真

 ファッションがテーマの青春映画である本作にちなんで、この日登壇した若手俳優たちもそれぞれ個性的な装いで登場。瀬戸と田中、加治のイケメン組はスカートファッション、女性陣はチェックを基調としたミニスカファッションという姿で、会場は華やいだ雰囲気に包まれた。

[PR]

 主演のファッショナブルな高校生を演じた瀬戸は、学生時代に主人公のように服を作っていたことがあるそうで「古着を買ってよくリメイクしていました。だから今回の役は運命的なほど僕に似ていますね」と感慨深げ。本作について「自分を信じることの大切さを教えてくれる作品です!」とさわやかにアピールした。

 一方、そんな瀬戸ふんする主人公にひそかに想いを寄せる、控えめで芯の強いヒロインを演じた桜庭は、役柄について「主人公のビートみたいな男の子がタイプなのは似ているかもしれないけど、わたし自身は(恋愛に)当たって砕けろタイプなので、そこは違うかな」とまさかの肉食系? 女子宣言をする一幕もあった。

 また、この日は観客に3Dメガネが配られ、あいさつの後に劇中のファッションショーなどいくつかの場面が3D仕様になっていることが発表された。大谷監督は「ファッションショー場面は3Dにぴったり合っている。まるでその場所に立ち会っているような、ライブ感がありますよ!」とこれから作品を観る観客へ自信たっぷりにアピールしていた。

映画『ランウェイ☆ビート』は、ファッションを通して高校生の恋と友情と成長を描き、幅広い層から支持を受ける原田マハの小説「ランウェイ☆ビート」を、『NANA』シリーズの大谷健太郎監督が映画化した青春ストーリー。天才的なファッションセンスを持つイケメン転校生(瀬戸)と仲間たちが、廃校の危機に直面した高校の文化祭のファッションショーに挑戦する姿を描く。

映画『ランウェイ☆ビート』は3月19日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]