シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

小池徹平、声優初挑戦で袖引き妖怪役に!大泉洋&宮迫博之も妖怪役で深田恭子主演『豆富小僧』に参戦決定!

小池徹平、声優初挑戦で袖引き妖怪役に!大泉洋&宮迫博之も妖怪役で深田恭子主演『豆富小僧』に参戦決定!
小池徹平(左)が妖怪・袖引小僧(右)に! - (C) 2011「豆富小僧」製作委員会

 作家・京極夏彦の「豆腐小僧双六道中ふりだし」を原作に3Dアニメーション化した映画『豆富小僧』より、新ボイスキャストが発表され、俳優の小池徹平が声優に初挑戦することがわかった。また同作ではすでに、気弱な妖怪で主人公の豆富小僧を女優の深田恭子が、そんな豆富小僧の指南役でもあるだるまを武田鉄矢、豆富小僧を叱咤激励する父親・見越し入道役を松平健が演じることが明らかになっているが、今回新たに小池をはじめ、大泉洋、宮迫博之、平野綾、はるな愛、檀れいが本作に声優参加することが発表された。豪華キャストが勢ぞろいした本作。日本初の長編オリジナル3Dアニメにふさわしい顔ぶれとなった。

 本作で初めて声優に挑戦することになった小池が演じるのは、道行く人の袖やバッグを引いて立ち止まらせるというちょっと厄介な子どもの妖怪・袖引小僧だ。キュートなルックスに目を奪われるキャラクターだが、小池は「豆富小僧がお母さんを探す過程で出会う『人』や『妖怪』、いろいろな『物』との出会いで考え方が変わり、成長していく様がすごく良く描けていると思う」と本作を大絶賛。おちゃめな性格の死神にふんした大泉は「恐ろしい外見を持つ死神ですが、コミカルなキャラクター。監督と試行錯誤しながらいくつもの声のバージョンを試し、作り上げました」とキャラクターが出来上がるまでの秘話を披露した。

 一方で、「出演オファーが来たときは、豆富小僧? 何やそれ?」と思ったという宮迫は、数百年にわたって妖怪たちと戦ってきたタヌキ一族のトップを演じる。宮迫は本作について「社会風刺的なニュアンスが入っていると思います」とまじめに分析。そして、「世の中の悪いことは全てタヌキの仕業だと思えば腹も立たない。怒りを発散させる術を9歳の息子にも覚えさせたいと思います」と自身の役柄と照らし合わせながら、父親としての素顔ものぞかせた。そんな宮迫が演じるタヌキ一族トップの部下を演じるはるなは、「経験豊富な豪華キャスト総出演の映画なので、深みのある作品になると思う」「劇場公開されたらおネエ仲間達と一緒に観に行きたいです!」と作品に自信を見せながらも、はるならしいコメント。

 またこちらは妖怪ではなく、人間の親子を演じる平野と檀は、「原作小説を学生のころに読んでいました。京極先生のファンなので、今回先生の作品に出演できて光栄(平野)」「子どものころからアニメが好きで以前から声優のお仕事をしたかったのでワクワクしていました(檀)」と2人とも感激の様子。そして、「一家団欒(だんらん)に持って来いの作品(平野)」「小さい子どもから大人まで、見た人それぞれの価値観で楽しみながら学べる映画(檀)」と2人共に、本作が家族で楽しめる作品と強調した。この豪華なボイスキャストが演じるキャラクターたちと、深田が演じる弱虫で豆腐を持つことしか取り柄のない豆富小僧が織り成す物語は、壮大なファンタジーを予感させ期待が高まる。

 『豆富小僧』は、妖怪なのに人を怖がらせることができず父親から怒られてばかりの豆富小僧が、お母さんを探しに旅に出ることから始まる物語。人間と妖怪が共存していた江戸時代から現代の日本を舞台に小さな妖怪・豆富小僧が大冒険を繰り広げる作品だ。愛らしい妖怪が多数登場するところも見どころの本作でメガホンを取るのは、映画『あらしのよるに』などの杉井ギサブロー監督。主題歌は人気急上昇中のガールズバンド・SCANDALが担当し、本作を盛り上げる。

映画『豆富小僧』は4月29日より3D、2D同時公開


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 8日
  5. 小池徹平、声優初挑戦で袖引き妖怪役に!大泉洋&宮迫博之も妖怪役で深田恭子主演『豆富小僧』に参戦決定!