「ハリポタ」エマ・ワトソン、次回作はセックスやドラッグ10代の青春描く問題作の映画化に出演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
もう十分大人の女を演じられます!-エマ・ワトソン - Danny Martindale / WireImage / Getty Images

 エマ・ワトソンが、スティーヴン・チョボウスキー原作の小説「ウォールフラワー」を映画化する作品『ザ・パークス・オブ・ビーイング・ア・ウォールフラワー(原題) / The Perks of Being a Wallflower』へ正式に出演することが決まり、本作に出演する期待感を自らツイッターでつぶやいている。『ハリー・ポッター』を撮り終え引退するのではないかと言われていたが女優続行に意欲を燃やしていた。

 本作は、15歳の内気な少年チャーリーを主人公に、友人や恋、セックスやドラッグなど、10代の若者のリアルな日常と苦悩や不安をつづった青春物語で、同世代の若者読者たちからカルト的人気を博した書籍。エマはチャーリーの恋の相手となるサムを演じる。

 人気の一方で、麻薬や性、自殺や同性愛といった内容が取り上げられていることから、アメリカ図書協会へこの本についての苦情も寄せられたり、批判も少なくなかった。映画『ハリー・ポッター』シリーズを終えて一段と大人っぽくなっているエマが、本作で女優としてどんな新しい姿を見せてくれるのか楽しみなところだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]