ティム・バートンとジョシュ・ブローリンが『ノートルダムの傴僂男』のリメイクでタッグ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ティム・バートンとジョシュ・ブローリン - Lester Cohen / WireImage / Getty Images(右)

 ティム・バートン監督とジョシュ・ブローリンが、映画『ノートルダムの傴僂男』のリメイクでタッグを組むことになった。

ティム・バートン製作映画『9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』場面写真

 ザ・ハリウッド・レポーターによると、脚本は映画『シャーロック・ホームズ』の続編の脚本を担当しているキーラン・マローニーとミシェル・マローニーが執筆するとのこと。ビクトル・ユゴーの名作の一つと知られる「ノートルダムのせむし男」は1905年に映画『エスメラルダ(原題) / Esmeralda』として最初に映画化され、その後、何度も映画化。1996年にはディズニーが長編アニメ映画『ノートルダムの鐘』を製作している。

 実現すれば、ジョシュは主演だけでなくプロデューサーも務める予定だというが、まだ話は極めて初期の段階とのこと。映画『ダーク・シャドーズ(原題) / Dark Shadows』の撮影準備に入っているバートン監督も興味はあるが、脚本次第と言っているらしい。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]