チャーリー・シーン、チケット売り上げを日本の被災者支援にと発表したライブショーの収入は5億6,000万円以上に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
転んでもただでは起きないチャーリー・シーン - Jeff Vespa / WireImage / Getty Images

 主演ドラマ「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」をクビになったチャーリー・シーンのライブ・ショーのチケットが各会場で売り切れとなっている。

「バイオレント・トーピード・オブ・トゥルース / ディフィート・イズ・ノット・アン・オプション(原題)Violent Torpedo of Truth / Defeat Is Not An Option」と題されたチャーリーのライブは、暴露本のトークショー版になるとのことで、すでに21公演を発表している。TMZ.comによると、チャーリーは発表されている公演分だけで700万ドル(約5億6,000万円)を手にすることになり、その後のアフター・パーティへの顔見せなどで、さらにリッチになるとのこと。(1ドル80円計算)

 ショーの共同プロデューサーであるジョーイ・スコットは、シナリオはほとんどなく、チャーリーが記憶だけで進行する予定だと語っている。「モハメド・アリの全盛期を見るようなショーになるよ。チャーリーはショーのほぼ全部を記憶からしゃべることになっている。それだけ才能があるんだ」と、コメントし、チャーリーと一緒に住んでいる“女神たち”と呼ばれるポルノ女優2人も登場する可能性もにおわせた。

 チャーリーは、売れたチケット1枚につき1ドルを日本の地震・津波被災者救済のため赤十字に寄付すると発表している。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]