原発事故後の東京を描いたSFマンガ、テレビアニメ化と連載中止の可能性

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「COPPELION」原作者・井上智徳氏のツイッター(スクリーンショット)

 週刊ヤングマガジンで連載されている、地震による原発事故によって放射能に汚染された東京で遺伝子操作された女子高生が特殊部隊となって生存者を救出するという井上智徳氏のSFマンガ「COPPELION」の連載継続に読者だけでなく作者自身からも不安の声が上がっている。

 このコミックは2008年より連載が開始された週刊ヤングマガジンの人気作品で現在までに単行本9巻が刊行されており、テレビアニメ化も決定していた。しかし、福島第1原発事故によりツイッターや2ちゃんねる、アニメ関係の掲示板でその連載存続の危機が論じられている。

 「COPPELION」の内容は、地震による原発事故で東京が廃墟化するという、事故の渦中にあるわれわれにとってリアルすぎるシチュエーションで物語が展開する。ツイートや掲示板に書かれた意見の中には「テレビはまずいかもしれないが、マンガは読みたい人が買うので問題ないのでは」という意見から「日本の社会の衝撃が和らぐまで自粛すべき」という意見のほか「何でも自粛すればいいというわけではない」という意見が比較的多く見られた。

[PR]

 原作者の井上智徳氏は、心配する読者に対してツイッターで「明日打ち合わせで今後コッペリオンをどうするのか(出版社と)話そうと思います」とつぶやいた後「事態は刻一刻と変化しますがとりあえず続きを描いていこうかと思います。皆様応援ありがとうございます」とすぐの連載中止はないが、先行きがはっきりとは決まっていないことをうかがわせるコメントをしている。また、テレビアニメ化については何も言及はしていなかった。

 マンガだけでなく映画をはじめ今、エンターテインメント業界では震災に関する表現を自粛、削除、公開中止にする動きが加速しており被災された方や原発事故の被害を受けた方の心情を察すれば当然の動きでもある。しかし今はまだそのような段階ではないかもしれないが今後日本が復興していくときに、エンターテインメントはさまざまな人の心の支えになることも事実の一つ。テレビ、映画、雑誌などメディアの種類によって対応は異なるだろうが、各媒体が正しい判断を求められる。(編集部・下村麻美)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]