「電影少女」桂正和、『エンジェル ウォーズ』イベントに登場 「神ですよ!」の声に「どうリアクションしたら」と照れる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スナイダー監督からもリスペクトされる桂正和 お隣はアクション美女優・武田梨奈

 12日、秋葉原UDXで映画『エンジェル ウォーズ』トークイベント「日本を元気にするCOOL JAPAN!!~世界を変えるクロストーク~」が行われ、アクション女優の武田梨奈、中野腐女シスターズのキャプテンを務める喜屋武ちあき、ゲームクリエーターの須田剛一、そして漫画家の桂正和が本作について語り合った。

映画『エンジェル ウォーズ』写真ギャラリー

 動画配信サイト「U STREAM」「ニコニコ動画 」などでも生中継された本イベント。マンガ「電影少女」「ウイングマン」「I"s」「ZETMAN」などに登場する、桂の描く美少女には熱狂的なファンが多いだけあって、彼の登場に会場からはどよめきが起きた。自称「グラビアアイドルの皮をかぶったオタク」である喜屋武も「神ですよ!」と絶叫。熱気あふれる会場に「どうリアクションしたら……」と照れくさそうな桂だった。

[PR]

 本作をすでに観たということで「これ、ネタばれしちゃいけないんですよね。ラストを話せないなら、何を話したらいいかわからないな」とラストに絡めて本作を語りたかった様子の桂だが、その気持ちをぐっとこらえ「(本作の)ザック・スナイダー監督の力量は天才的だと思いますよ。ひたすらかっこ良かったですね。してやられたなというか、すごいなとひれ伏している感じですよ」とコメント。スナイダー監督の映像についても「戦う場面の力の入り方や重さの感覚、やられて飛ばされた時の衝撃といった感覚は、やはり映画ならでは。これは漫画だと厳しいですよ」と刺激を受けた様子だった。

 スナイダー監督といえば、「マッハGoGoGo」「宇宙戦艦ヤマト」などの日本産アニメを観て育ったと公言。本作でもイラストレーターの寺田克也にコンセプトデザインを依頼するなど、その作風に日本のサブカルチャーから強い影響を受けていることが感じられる。そんな監督から「ハロー、ミスター桂。僕の映画を観てくれてありがとう。あなたのすばらしい漫画のファンはアメリカにもたくさんいます。もちろん僕もそのひとりです。いつか会えるのを楽しみにしています」というビデオメッセージが流され、思わずうれしそうな表情になった桂。しかし「COOL JAPAN」と呼ばれ、日本のサブカルチャーが海外のクリエーターに絶大なる影響を与えている現状については、「日本に影響を受けているというけど、逆にこれを観て僕らが刺激を受けるという感じですね。世界的にそういう機運があるなら、もう少しこちらも頑張らないと。ブームというだけでは飽きられてしまいますからね」と気合が入った様子だった。(取材・文:壬生智裕)

 本作は、暗い現実から逃げるために想像の世界を作り出したヒロインがバーチャル兵器を駆使する4人の女性を集め、自由を手に入れるために幻想的な戦いに挑むアクション・ファンタジー。

映画『エンジェル ウォーズ』は4月15日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]