渡辺謙&菊地凛子出演の大作『シャンハイ』特報解禁 豪華キャストであやしく描くサスペンスドラマ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『シャンハイ』ポスタービジュアル - (C)2009 TWC Asian Film Fund, LLC. All rights reserved.

 渡辺謙と菊地凛子が、ジョン・キューザックコン・リーチョウ・ユンファと共演するサスペンス映画『シャンハイ』の特報とポスタービジュアルが解禁され、日本人娼婦(しょうふ)を演じる菊地や日本軍情報部大佐を演じる渡辺のビジュアルが公開された。

映画『シャンハイ』特報映像

 今回解禁された特報は、1941年、太平洋戦争前夜の上海を舞台にした本作のサスペンスたっぷりの見どころを存分に紹介。一人のアメリカ諜報(ちょうほう)員の死をきっかけに列強国の巨大な陰謀が暴かれていくさまを豪華キャスト競演で描いた本作で、菊地は事件の鍵を握る日本人娼婦(しょうふ)であり被害者の恋人・スミコを演じている。特報でも大胆に肌を露出した姿を見せるなど、まさに渾身(こんしん)の演技だ。一方で渡辺は、ジョン演じるアメリカ人を執拗(しつよう)につけ狙う日本軍大佐を演じており、サスペンスを盛り上げるのに一役買っている。

[PR]

 ほかにもチョウ・ユンファ演じる中国裏社会のドンや、コン・リー演じるその美しい妻でありながら革命家としての顔を持つアンナなど、一癖も二癖もありそうな人物たちが続々と登場。それぞれの信念を持った人物たちを通して描かれるのは、太平洋戦争開戦という逃れようもできない大きな歴史的出来事。そして、その裏で繰り広げられる壮大な愛の物語を監督したのは、映画『ザ・ライト -エクソシストの真実-』が現在公開中のミカエル・ハフストローム。アメリカ、中国、そして日本の俳優陣を擁して、その手腕を遺憾なく発揮している。

 本作は、1941年の上海を舞台に、同僚の殺人事件の謎を追う米国諜報(ちょうほう)員のポール(ジョン・キューザック)が、その裏にある大きな陰謀と対峙(たいじ)する姿に迫ったサスペンスドラマ。ポールをつけ狙う日本軍の大佐タナカ(渡辺謙)、コナーの恋人スミコ(菊地凛子)、中国裏社会のドン・アンソニー(チョウ・ユンファ)と、彼の美しき妻アンナ(コン・リー)といった謎に包まれたキャラクターたちが、太平洋戦争開戦前夜の魔都・上海という舞台の雰囲気を盛り上げており、見応えは十分だ。(編集部・福田麗)

映画『シャンハイ』は8月20日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]