ベテラン声優の山寺宏一、実写で怪盗ルパンを演じたことを謝罪「俳優としてまだまだ未熟…」と自虐発言

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
岩田さゆりと山寺宏一

 7日、映画『ルパンの奇巌城』の初日舞台あいさつが、K's cinemaで行われ、アルセーヌ・ルパンを演じた山寺宏一岩田さゆり西川風花、そして秋原正俊監督が登壇。山寺と岩田の軽快なトークに場内は笑いに包まれた。

映画『ルパンの奇巌城』写真ギャラリー

 日本でもおなじみの怪盗ルパンの映画化ということだけあり、オファーをもらったときからプレッシャーがあったという山寺は開口一番「ルパンをやらせてもらって、すみませんでした」と冗談とも本気とも取れない発言。さらに「声ならまだしも、まさか自分が姿をさらしてルパンをやるとは。声優はいろいろやらせてもらいましたが、俳優としてはまだまだ未熟。これまらますます精進しないと……」と恐縮しきり。その上、隣の岩田に「でも本当の主役はほとんど出っぱなしの岩田さんですよね」と自虐的発言が続く。

[PR]

 それを受けたルパンを追う女子大生探偵の役を演じた岩田は「セリフがたくさんあったので、頑張って覚えたのですが、オールアフレコだったので少し残念でした」と裏話を披露。そんな岩田が作品の想い出を聞かれ、一瞬、考える素振りを見せると、すかさず山寺が「(岩田が出演していたドラマの)金八先生の想い出ならあるよね?」とムチャぶり。困った表情を見せる岩田だったが、その後、「山寺さんは物まねする人だって(監督から)聞いたのですが……」と逆襲し、山寺が声を演じた映画『リロ&スティッチ』のスティッチの物まねを誘導し、息のあったトークを展開した。

 本作は、モーリス・ルブラン原作のミステリーを、秋原正俊監督が大胆にアレンジして映画化した異色のサスペンス。ある地方の名家で起こった殺人事件解決に挑む女子大生探偵・伊地知宏美(岩田さゆり)は、明晰な頭脳で次々と謎を解いていくが、そこに立ちはだかり、宏美を翻弄するのは稀代の怪盗アルセーヌ・ルパン(山寺宏一)だった……。誰もが知るルパンに新しい解釈を加えた痛快なエンターテインメント作品に仕上がっている。(磯部正和)

映画『ルパンの奇巌城』はK's cinemaにて公開中。全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]