『パイレーツ・オブ・カリビアン』3日間で約15億円の興収!日本で120億円超えを狙えるロケットスタートを記録!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
世界中で大ヒットを記録している映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』 - (C) Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 ジョニー・デップのジャック・スパロウでおなじみのシリーズ第4弾映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』が世界で公開され、日本では、5月20日より全国800スクリーン(3D同時公開)のオープニング3日間での興行収入が14億1,356万円、動員98万3,395人を記録する大ヒットスタートを切った。(数字はウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンの提供)

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』写真ギャラリー

 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンでは、この成績は昨年4月に全国855スクリーンで公開した映画『アリス・イン・ワンダーランド』のオープニング興収13億1,780万円、動員82万8,000人を上回ることから最終的には118億円を記録した『アリス・イン・ワンダーランド』を超える120億円を見込めそうだという見解を公表した。

[PR]

 5月20日(土)は待望の初日となり、早朝から公開を待ちわびるキャラクターのコスチュームを着た熱狂的なファンから親子連れやカップル、中高年層までの幅広い層の観客が来場。シリーズ1作目から8年たっているにもかかわらず、10代の若い男女の姿が目立つことが、新たなファンを確実に増やしていることの証明だとウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンはコメントしている。

 また全米でも4,155館で公開されアメリカ国内興収ではオープニング3日間で9,010万ドル(約72億800万円)とヒットを記録。イギリス、ロシア、ドイツ、フランス、中国など、同日公開した世界各国でナンバーワンを記録している。

 今作はシリーズ初の3Dということもあり、アトラクション感覚で劇場に足を運ぶ客が続出していることから前作を上回るヒットも期待できそうだ。何よりも震災に見舞われた日本が世界に足並みをそろえ今までと変わらぬ大ヒットを記録したことは直実に復興を遂げている日本の底力を見せつけられたようでうれしい。(編集部・下村麻美)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]