『ハリー・ポッター』のエマ・ワトソン、今秋から名門オックスフォード大学へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
勉強が大好きなエマ・ワトソン - 写真:Barcroft Media/アフロ

 映画『ハリー・ポッター』シリーズでハーマイオニー・グレンジャーを演じているエマ・ワトソンが、本年3月、仕事との両立が難しいことを理由に、ブラウン大学を退学することをホームページで発表したが、今秋から英国オックスフォード大学に編入することが明らかになった。

 「みんなも知っているように、わたしはブラウン大学が大好きだし、何よりも勉強をするのが好きで仕方がないのよ。でも、ここのところ学業と仕事を両立させることが難しくなってきてしまったの」と心情を吐露した現在21歳のエマ。ブラウン大学を退学したのは、同大学にはない授業、教科を学びたいということが理由だった。イギリス・オックスフォードシャー州オックスフォードはフランスで出生したエマが、両親の離婚後、彼女が5歳から暮らしている場所。それゆえ地元であるオックスフォード大学を選んだのは、当然の成り行きと言えるだろう。なおエマのスポークスマンは、彼女が再びブラウン大学に戻る可能性については「現時点では決めていない」としている。ちなみにオックスフォード大学は2010年の世界大学ランキングで6位に位置する世界的な名門大学だ。(日本の東京大学は24位 、京都大学は25位)(クアクアレリ・シモンズ調べ)

 普通の暮らしがしたいと願うエマ。しかしながら、『ハリー・ポッター』シリーズで世界的に有名になってしまった今、その願いはかなわない望みとなってしまった。最近の彼女は「自分の境遇を受け止めなければならない」のだと冷静に語っている。(Bang Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]