シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

竹内結子、はやぶさケーキを前にニッコリ!JAXA職員役は専門用語に悪戦苦闘と告白!

竹内結子、はやぶさケーキを前にニッコリ!JAXA職員役は専門用語に悪戦苦闘と告白!
帰還一周年となった「はやぶさ」のケーキを前に、笑顔の竹内結子

 13日、はやぶさ帰還1周年記念イベントが東京国際フォーラムにて行われ、今年10月1日より公開予定の映画『はやぶさ/HAYABUSA』に出演している竹内結子と高嶋政宏のほか、JAXA(宇宙航空研究開発機構)名誉教授・技術参与の的川泰宣氏が出席した。主演の竹内は、今回演じたJAXA職員役の苦労を語ったほか、はやぶさがオーストラリアに帰還させたカプセルのレプリカやはやぶさケーキを前に笑顔を浮かべていた。

 小惑星探査機「はやぶさ」が奇跡の生還を果たしてから1年となるこの日に、映画を製作する20世紀フォックスによって行われた本イベント。また同時に、会場となる東京国際フォーラムでは、はやぶさの功績を見て、体感できる展示スペース「はやぶさi(アイ)」がスタートし、はやぶさカプセルのレプリカや、はやぶさに搭載された探査ロボット「ミネルバ」(実物大)ほかが一般にお披露目されている。

 劇中で宇宙科学研究所(現・JAXA)のスタッフとして、はやぶさプロジェクトの一端を担う研究生・恵を演じた竹内は「専門用語がたくさんあって、セリフが大変でした。よくわからない用語をネットで調べると、その調べた文章の中にも難解な用語があって、宇宙のように果てがない。どこまでやればいいのかと思いました」と苦笑しながら役づくりを振り返っていた。

 一方、そんな竹内ふんする恵の先輩研究員を演じた高嶋は、最近クランクアップしたばかりの撮影を振り返り「東日本大震災以降、セリフが覚えられなくなった時期があった」と震災のショックが仕事に影響したことを吐露する場面も。完成作については「はやぶさファンの方は大興奮するし、はやぶさをよく知らない方も、心底感動してしまう作品になっています!」と胸を張っていた。

 また、劇中で西田敏行演じる宇宙科学研究所・対外協力室室長のモデルとなった的川教授は、見るからに温厚そうなオーラを醸し出しており、司会者から「西田さんが適役でしたね」と言われると「西田さんにお会いしたとき、『的川先生を演じられるのはわたししかいない』と言われまして、『体形が似ているからですか?』と言いました」とちゃめっ気たっっぷりにコメントして周囲を笑わせた。そして「3月11日の大震災以降、はやぶさは日本に自信を与えるシンボルとして機能し始めたように感じる。はやぶさがこれほど日本人を感動させたのは、皆さんがはやぶさを自身と重ね合わせたり、擬人化したりしたからでは。はやぶさの帰還同様に、この映画が、これからの我々日本人に力を与えてくれると期待しています」と本作が復興の励みとなる期待を寄せていた。

 映画『はやぶさ/HAYABUSA』は2003年5月9日に打ち上げられ幾多のピンチを乗り越えながら、2010年6月13日に太陽系誕生の謎を解く手掛かりとなる小惑星のサンプルを持ち帰るという偉業を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ」を題材に映画化した作品。ハリウッドメジャー映画スタジオ・20世紀フォックス映画が製作を手掛け、JAXAの全面協力を得て、プロジェクトの7年間にわたる挑戦と苦闘の日々を事実に基づき描く。(古河優)

「はやぶさi」は6月13日より10月10日まで、東京国際フォーラムにて開催

映画『はやぶさ/HAYABUSA』は10月1日より全国公開


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 大学時代の後輩:大阪市は関西弁電話編と大阪情報を聞く from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・ (2011年6月13日 22時4分)
    「はやぶさ」が回収した微粒子の配布について説明する川口淳一郎宇宙航空研究開発機構教授(左)ら。北海道大や岡山大、九州大など全国の研究者に一部を配布。初期分析を始めると発表したらしいが、昨夜は「... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2011年
  3. 6月
  4. 13日
  5. 竹内結子、はやぶさケーキを前にニッコリ!JAXA職員役は専門用語に悪戦苦闘と告白!