大人の危険な恋がレベルアップ!?鈴木京香が再びバツイチ40女に!劇場版『セカンドバージン』がクランクイン!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
再びバツイチ40女を演じる鈴木京香 - (C)2011映画「セカンドバージン」製作委員会

 先日映画化が発表されたばかりの映画『セカンドバージン』が6月上旬にクランクインし、鈴木京香演じる中村るいの勤める出版社のシーンから、新たなスキャンダラスな恋愛物語が展開されることとなった。昨年10月~12月にかけて放送されたドラマで鈴木、深田恭子長谷川博己をめぐる三角関係は一旦の決着を見ているだけに、今回の劇場版ではそれがどのように展開されていくのかが気になるところだ。

 現在も撮影中の映画『セカンドバージン』は6月上旬、鈴木演じる中村るいの勤める出版社・新海社の場面から撮影スタート。劇場版でもドラマ版に引き続き、るいを演じる鈴木はクランクインを前に、スタッフ全員の前であいさつし、映画版への意気込みを感じさせた。ドラマは大人の危険な恋愛を描いて多くの女性陣から共感を得ただけに劇場版に課されているハードルの高さは鈴木も理解しているはず。今後は7月中旬のクランクアップまで、マレーシアおよび関東近郊で撮影を行う予定だ。

 そして、14日から今週末にかけて早くも上映劇場を中心にポスターが掲出予定。ドラマ版からさらに激しくスキャンダラスになった映画のポスターは、もちろんそれを反映したものに。「泥の合流する場所」という意味を持つマレーシア・クアラルンプールを舞台に描かれるあやしい大人の恋のゆくえは? ドラマ放送時には描かれなかった衝撃の真実もつい明かされるという、ファンは見逃せない作品となっている。

[PR]

 映画『セカンドバージン』は、昨年10月から12月にNHK「ドラマ10」で放送された大石静脚本による同名ドラマの映画化作品。ドラマ放送時は、20代での離婚以来仕事一筋に生きてきた45歳のキャリアウーマンが、17歳年下の既婚男性と禁断の恋に落ちてしまうというストーリーと大胆なラブシーンが話題となり、大人の女性を中心に人気を集めた。キャリアウーマン・中村るいを演じるのは鈴木京香。鈴木と恋に落ちる年下男性・鈴木行を長谷川博己、その妻・鈴木万理江を深田恭子が演じている。(編集部・福田麗)

映画『セカンドバージン』は9月23日より公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]