山下達郎、デビュー36年目で初!ついにライブ映像解禁へ!超お宝映像集を全国の映画館で上映&本人も参戦!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
初のシアターイベントを発表した山下達郎

 これまで映像作品を一切リリースしてこなかった山下達郎の初のシアターイベント「Joy1.5 ~The MOVIE」が、全国6か所の映画館で8月下旬から9月に掛けて行われることが明らかになった。これまではファンクラブイベントなど、限定された空間でしか観ることのできなかった圧倒的なライブ・パフォーマンスがついに一般解禁される。

 映像作品リリースはもちろんのこと、テレビ・メディアにまったくといっていいほど出演しないことで知られる山下にとって、一日限定とはいえ、シアターイベントは今回が初めてのこと。本イベントは、秘蔵ライブテイクを当時のライブ映像と共に劇場で鑑賞できる機会を設けようと企画されたもので、山下が会場に選んだのは8月23日の名古屋をはじめとした、大阪・福岡・札幌・新宿・仙台の全国6都市のシネコン。優れた音響設備を持つシネコンに山下が興味を持っていたことに加え、映像のセキュリティーが確保されているということもあって、今回の開催にこぎ着けた。当日は秘蔵映像に加え、山下本人も会場に登場するという、盛りだくさんの内容が予定されている。

 本イベントの音源は、8月10日に発売されるオリジナルアルバム「Ray of Hope」の初回限定盤に付属されるボーナス・ディスク「Joy1.5」に収録されている1989年から2000年までに発表された秘蔵ライブテイク。これは89年に発表されたライブ盤「JOY」に連なるもので、7曲すべてに最新リマスター処理を施してあるという手の凝りようだ。イベントは、「Ray of Hope」初回限定盤購入者限定となっており、詳細は追って同アルバムのスペシャル・サイトにて告知されることとなっている。 

[PR]

 映像作品のリリースをはじめとして、音響的なこだわりを持つが故に大規模なアリーナ会場ではライブを行わないなど、アーティストとしての方針を明確に打ち出してきた山下。それだけに、それらを覆す今回のニュースは非常に大きな驚きをファンに与えたはず。反面、これまではライブを除けば、ファンクラブイベントなどでしか味わえなかったライブ映像を山下が認めた音響設備を持つ劇場の大スクリーンで鑑賞することができるというのは、ファンにとってたまらないことに違いない。ライブ盤だけでは決して味わうことのできない、山下の圧倒的なライブ・パフォーマンスをぜひ、その身をもって感じてみてほしい。(編集部・福田麗)

オリジナルアルバム「Ray of Hope」は8月10日発売 税込み価格:3,500円(初回限定盤)、3,150円(通常盤)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]