中島美嘉、映画版『アンフェア』主題歌書き下ろし!NANA以来のロックアッパーチューンに!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
中島美嘉&篠原涼子が“アンフェア”でタッグ! - (C) 2011 アンフェア製作委員会

 歌手・中島美嘉が、9月17日に公開される篠原涼子主演の映画『アンフェア the answer』の主題歌を書き下ろしたことがわかった。2006年に放送されたテレビドラマの映画化第2弾となる本作は、バツイチ、子持ち、大酒飲みだが、検挙率ナンバーワンの美人刑事・雪平夏見の型破りな捜査を描いた作品。雪平役の篠原を筆頭としたオリジナルメンバーに加え、佐藤浩市山田孝之大森南朋が新たに参戦し、パワーアップした本作の世界観を中島が彩ることになった。

映画『アンフェア the answer』写真ギャラリー

 今回、中島が『アンフェア the answer』のために作詞を手掛け、リリースする新曲は「LOVE IS ECSTASY」。映画『八日目の蝉』の主題歌としてリリースした復帰後第1弾となるシングル「Dear」で、誘拐犯に愛情たっぷりに育てられ大人になった主人公・恵理菜の心情をしっとりと歌い上げ、映画を彩った中島が、次に挑んだのは、ハードボイルドとサスペンスが入り乱れる世界観も魅力の“アンフェア”にぴったりのロックアッパーチューン。

[PR]

 大ヒットコミックスを映画化した『NANA』でNANA starring MIKA NAKASHIMAとしてリリースした「GLAMOROUS SKY」をほうふつさせる「LOVE IS ECSTASY」に、映画の主演を務める篠原も「まるで雪平の心情を描いたような歌詞の世界観に心打たれました。作品に、より一層の力強さを与えてくれてうれしいです」と大絶賛のコメントを寄せている。

 『アンフェア the answer』は、北海道県警西紋別署刑事課に異動になり、退屈なほど平穏な暮らしを送っていた雪平に突然殺人の容疑が掛けられ、雪平が巨大な陰謀に立ち向かっていく姿を描いている。中島は「スピード感と情熱を感じる素晴らしい映画でした。まさか、あんな結末なんて!! 期待を裏切らない! わたしも音楽を通して参加できたことを光栄に思います。曲も映画のために作った曲なので併せて楽しんでいただけたらうれしいです」とコメントを寄せている。(編集部・島村幸恵)

映画『アンフェア the answer』は9月17日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]