池脇千鶴、映画で初の看護師役!『神様のカルテ』でナース姿を披露!櫻井翔とのコミカルな掛け合いも!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ナース姿の池脇千鶴 - (C) 2011「神様のカルテ」製作委員会

 女優・池脇千鶴が、櫻井翔宮崎あおい共演の映画『神様のカルテ』で、看護師役を務めていることがわかった。ナース服の似合う池脇だが、映画で看護師にふんするのは、今回が初めて。櫻井演じる夏目漱石の「草枕」を愛読書とする一風変わった医師・栗原一止と同期で、病棟主任看護師という役柄で、歯に衣着せぬ物言いが印象的だ。

映画『神様のカルテ』場面写真

 本作は、信州の一地方都市・松本を舞台に、櫻井演じる栗原一止と、その夫を献身的に支える宮崎演じる妻・榛名、池脇演じる東西をはじめとした本庄病院に勤める医師や看護師、末期ガンの安曇をはじめとした患者たち、一止と同じアパート“御嶽荘”に住む同居人たちの心の交流を描いた作品。池脇演じる東西は、食事に誘っても「わたしは妻のある身だ。その手の誘いは断る」とまったく意に介さない返答をしてくる栗原を「変人!」と切り捨てるなど、櫻井とのコミカルな掛け合いも披露。朝倉あき演じる新人看護師の水無と対照的な頼りがいのある先輩看護師を好演している。

[PR]

 現役医師で新人作家の夏川草介の同名小説を映画化した『神様のカルテ』。そこに登場する医師や看護師は、池脇演じた東西も含め、現役医師だからこそ書くことができた等身大のキャラクター。池脇のほかにも、外科医を演じた要潤、救急外来看護師長を演じた吉瀬美智子、曲者上司を演じた柄本明の好演にも注目してほしい。(編集部・島村幸恵)

映画『神様のカルテ』は8月27日全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]