飛行機内の放尿騒動を自ら完全パロディー!ジェラール・ドパルデュー、60歳を過ぎての放尿騒ぎは芸のこやしに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
賛否両論ありそうですが……。-ジェラール・ドパルデュー - Pascal Le Segretain / Getty Images

 離陸直前の飛行機の中で、トイレを我慢できずボトルに放尿して話題となったジェラール・ドパルデューが、この一件を自らパロディーにしたショート・ビデオを作った。

 ジェラールは8月、パリ発ダブリン行きの飛行機に搭乗していた際、離陸直前だったためトイレが使用できず、我慢できずに空きボトルにオシッコをしてこぼしてしまうハプニングがあった。飛行機は清掃のため2時間遅れ、ジェラールは機から降ろされるという、なんともバツの悪い一件だったが、ジェラールはこの恥ずかしさを最大限に利用することに。ジェラールが出演した、フランスのコミックを映画化したシリーズ『アステリックス』のプロモーション用ショート・ビデオで、当時の様子をパロディにして再現するという大胆な戦略に出た。ビデオは、ジェラールがオベリックス役の衣装を見につけて飛行機の座席に座っていると、トイレに行きたくなるというもの。現実と違っているのは、オベリックスは何とか我慢できる、という作りだが、ビデオには実際に一緒に搭乗していた俳優のエドゥアール・ベアールも登場するほか、オベリックスの後ろの席の男性が、すぐさまこの様子をラジオ局に知らせるという、当時の様子をうかがわせるものとなっている。60歳を過ぎて起こした放尿騒ぎに、自虐ネタとして笑いにするのが一番の策と考えたようだ。(竹内エミコ)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]