「美女と野獣」の実写化テレビシリーズが始動!早くも来シーズンの目玉に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
実写化というと、こんな感じですか? - Frederick M. Brown / Getty Images

 ウォルト・ディズニー・カンパニー傘下の放送局ABCが、民話「美女と野獣」を原作にした実写化テレビシリーズを企画しているとDeadline.comが報じている。脚本を担当するのは「ジェリコ ~閉ざされた街~」のジョナサン・E・スタインバーグだ。

 「美女と野獣」といえば、1991年のディズニーによるアニメ映画『美女と野獣』があまりにも有名だが、今回の実写化テレビシリーズは、ディズニー映画ではなく、あくまでも民話が原作。ABCは今秋より「ワンス・アポン・ア・タイム(原題) / Once Upon A Time」という、ちまたによく知られたさまざまな民話を現代風にアレンジしたテレビシリーズを放送する予定となっており、Deadline.comによると、「美女と野獣」はそれに続くものとして企画されているようだ。

 ディズニー映画とは無関係とはいっても、グループ傘下のABCが放送局ということもあってか、ディズニー映画でおなじみのキャラクターが登場する可能性は高い。脚本と製作総指揮を務めるのは、ジョナサン・E・スタインバーグであり、どのように「美女と野獣」を現代風の作品に仕立て上げるのか、その手腕に期待が懸かっている。

 先日にはギレルモ・デル・トロエマ・ワトソンを主演に、同じく「美女と野獣」を下敷きにした作品の製作を企画していると報じられている。まだ企画段階のため、今後どのように進展するかはわからないが、両方の企画が実現したあかつきには見比べてみるのも一興かもしれない。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]