向井理、感極まって涙!「別に主役が一番偉いわけでもなくて…自分の作品でもないし、みんなで作った作品です」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
涙する向井理

 俳優の向井理が23日、新宿バルト9にて行われた初主演映画『僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.』の初日舞台あいさつにキャストの松坂桃李柄本佑窪田正孝とともに登壇し、感極まって涙ぐむシーンもあった。

映画『僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.』写真ギャラリー

 この日、ファンたちの大声援に迎えられてとびきりの笑顔で登場した向井だったが、別の撮影で会場に来られない深作健太監督からねぎらいのボイスメッセージが流れると、感情が高まったようで目から涙をにじませた。数秒間、目を赤くはらせて言葉を発するのもままならない様子の向井だったが、それでもマイクを握ると「本当にたくさんの人たちと映画を作っていく中で、監督と主役という関係性はとても大事だと思いました。監督のもとにみんなが同じ方向を向いて、ひとつの作品に集中して、こういう世界観を作り上げようという意識がとても高かったし、それがこういう形となって映画として残せるのは監督の力がとても強いものだと思います」と感慨深くコメント。さらに、「たくさんのスタッフの人たちと作ってこられたことが幸せです。いい経験になりましたし、思い出にもなりました。たくさんの人に見てもらえる、そして何かを残せる自信のある作品になりました」と初主演作品に胸を張った。

[PR]

 また、本作は向井が第2の故郷と公言していたカンボジアでの撮影も行われ、「映画に選んでいただいたと思います。運命と言うか、必然かもしれません」としみじみ。作品については「別に主役が一番偉いわけでもなくて、自分の作品でもないしみんなで作った作品です。その意識を共有できてすばらしかったです」と最後まで胸がいっぱいの様子だった。

その後は客席をバックにフォトセッションを行い、ファンと一緒に満面の笑みを見せていた。

本作は普通の大学生が一念発起し、カンボジアの子どもたちのために学校を建設しようとボランティアを行動に奔走する姿を描く青春ストーリー。『同じ月を見ている』の深作健太が監督を務め、現役大学生・葉田甲太の体験記を映画化した。本作が映画初主演の向井理に注目だ。(取材・文:中村好伸)

映画『僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]