妻夫木&松ケン初共演作『マイ・バック・ページ』未公開シーン解禁!俳優陣による演技が光る名場面!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『マイ・バック・ページ』ビジュアル - (C) 2011映画『マイ・バック・ページ』製作委員会

 日本を代表する若手俳優の妻夫木聡松山ケンイチが初共演を果たすことで話題になった映画『マイ・バック・ページ』のDVD&ブルーレイが12月に発売されることを記念して、未公開シーンが解禁された。松山が演じる革命を目指す活動家・梅山への疑念が持ち上がる場面で、劇場公開時には上映時間の都合もあって泣く泣くカットされたという貴重なシーンだ。

映画『マイ・バック・ページ』未公開シーン映像

 本作は1960年代から1970年代という激動の時代を背景に、妻夫木演じる週刊誌記者・沢田と、松山演じる左翼思想の学生・梅山の間に芽生えた奇妙なきずなを描いた社会派作品。沢田が梅山に覚える尊敬とも親近感ともつかぬ感情が作品の大きなポイントとなっているが、今回解禁されたのは、酔いつぶれている沢田の前で先輩記者の中平と京大全共闘の前園が梅山の行動を怪しむシーン。それに対して沢田が反論するあたりの流れは、妻夫木の見事な演技もあり、沢田の梅山への陶酔ぶりが浮き彫りになっている。

[PR]

 劇場公開時は、上映時間の都合もあってカットされたというが、本作の結末を知っている人ならば、どこか切なさを感じることができるシーン。それだけに、今回のDVD&ブルーレイ化に際して特典映像として多くの人の目に触れることになるのは実に喜ばしいこと。DVD&ブルーレイには、今回解禁されたものを含め14もの未公開シーンが収録されているほか、特典映像として、50分以上にわたるメイキング映像、公開記念特番、プレミア試写会の様子などが含まれている。

 今の若い世代にはなじみのない時代の出来事を、自身もその時代をリアルタイムでは経験していない山下敦弘監督が見事に一つの作品として成立させた本作。当時を経験した人も、経験していない若者も楽しめることは劇場公開時に実証済みだ。豪華俳優の共演による演技合戦も大きな見どころとなので、まだ観ていない人は自分の目でその出来を確かめてもらいたい。(編集部・福田麗)

DVD&ブルーレイ『マイ・バック・ページ』は12月2日発売 税込み価格: 3,990円(DVD通常版)、ブルーレイ(5,040円) DVD豪華版もあり(税込み: 6,300円・初回限定生産)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]