『英国王のスピーチ』で国王の言語聴覚士を演じたジェフリー・ラッシュ、本物の英国女王陛下と対面

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
エリザベス女王と握手するジェフリー・ラッシュ - Pool / Getty Images

 アカデミー賞受賞作品『英国王のスピーチ』で、国王の言語聴覚士ライオネル・ローグを演じたジェフリー・ラッシュが、故郷オーストラリアで本物の英国女王と対面した。

ジェフリー・ラッシュ出演映画『英国王のスピーチ』場面写真

 イギリスのエリザベス女王は、10日間の日程でオーストラリアを訪問中、首都キャンベラの教会で行われたセレモニーに出席。ジェフリーも妻を伴って式に出席し、その後は女王とともにキャンベラ総督の主催する昼食会へ出席した。

 映画の中でジェフリーが演じたライオネルは、エリザベス女王の父にあたるジョージ6世の吃音を直す役目を担った人物。女王自身も、フレイヤ・ウィルソンが演じる少女時代の姿で作品に登場している。デイリー・メール紙やザ・サン紙によると、エリザベス女王はこの作品について「心を動かされた」と語っており、とても気に入っていたそう。映画の成功に続き、本物の女王陛下との対面を果たし、ジェフリーにとって光栄な一日となったようだ。(竹内エミコ)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]