『バットマン ビギンズ』ブルース・ウェイン=バットマンが待望の立体化!クリスチャン・ベイルの肖像権もクリアしたアイテム!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「人の本性は行動で決まる」が、フィギュアの本性はその造形で決まるのさ…… - TM&(C)DC Comics.

 映画『バットマン ビギンズ』でクリスチャン・ベイルが演じたブルース・ウェイン/バットマンのフィギュアがホットトイズより発売される。ブルースが初めてバットスーツを装着した姿をモデルにしたといい、もちろん、演じたクリスチャンの肖像権もクリアしている。

映画『ダークナイト』写真ギャラリー

 クリストファー・ノーラン監督による映画『バットマン ビギンズ』は2005年の公開当時、約8年ぶりの「バットマン」映画新作ということで話題になった意欲作。2008年には映画『ダークナイト』という傑作を物にした記念碑的シリーズの第1作で、主人公ブルース・ウェインがいかにしてバットマンになるかを描いた作品だ。今回のフィギュアでは、そのブルースが初めてバットスーツを装着した姿を見事立体化。コスチューム・マスクの細部からブルースの素顔に至るまで、その再現度にはファンも感嘆のため息を漏らすはずだ。

[PR]

 アメコミファンならば先刻承知のように、『バットマン ビギンズ』に登場するバットスーツは、これまで黄色で縁取られることの多かった胸のエンブレムが黒ずくめとなっていることをはじめ、ティム・バートン監督による『バットマン』など過去作に登場したものとは多少造形が異なっている。劇中では、ブルースが軍事用防護スーツをベースに制作させたという設定になっており、その名残をさまざまな部位から感じ取れるのも、このアイテムが劇中のものを忠実に再現しているからこそだろう。

 マスクを外した素顔は、もちろん演じたクリスチャン・ベイルの肖像権をクリアしたものであり、目尻や肌の質感、さらには額の生え際といったところまで手が行き届いた出来栄え。バットマンならではの秘密武器だけでなく、ブルースがバットマンとなる過程に登場していた、ニンジャ・マスクや登山用ハーネスなどの装備が付属するのもファンにはうれしい仕様。30か所以上が動くことで、さまざまなポーズをさせることもできるなど、すべてのアメコミファンのみならず、映画ファンにもオススメしたいアイテムとなっている。

 本アイテムは、今年12月に東京・原宿にオープンするホットトイズの東京フラッグシップストア「トイサピエンス」の、オープン記念限定アイテムの一つとして発売。そのため、国内流通数は700とかなり数が絞られているが、ファンならばぜひ手に入れておきたいところだろう。(編集部・福田麗)
「【ムービー・マスターピース】 『バットマン ビギンズ』1/6スケールフィギュア バットマン/ブルース・ウェイン (バットスーツ・ビギンズ版)」は12月3日発売予定 税込み価格:2万5,000円

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]