吉高由里子、セクシーな黒のドレスで男性陣をバッサリ!? 生瀬勝久を前に「藤原竜也君も30年後にはこんななっちゃうのか」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
吉高由里子、セクシーな黒のドレスでおちゃめなポーズ!

 5日、映画『カイジ2~人生奪回ゲーム~』の初日舞台あいさつがTOHOシネマズ日劇にて行われ、主演の藤原竜也をはじめ伊勢谷友介吉高由里子香川照之生瀬勝久、そして佐藤東弥監督と原作・脚本の福本伸行が登壇。劇中に登場するモンスターパチンコ・沼にちなみ、パチンコ玉をイメージした銀色のダルマに目を入れてヒットを祈願したほか、和気あいあいとした息の合ったトークで会場を爆笑させた。

映画『カイジ2~人生奪回ゲーム~』写真ギャラリー

 この日は豪華キャストが登壇するなか、トークでは撮影中の裏話、さらに不幸自慢で大盛り上がり。中でも劇中にライオンが登場することに触れて、藤原、伊勢谷、吉高、香川が猫アレルギーだったことが明かされると、生瀬は香川に「動物ダメなのによくそれで「南極大陸」出てるよな」とまくし、香川も「(撮影中にライオンが動かないので)ライオンのテンションを上げるために嫌がる僕の首根っこを藤原君がつかまえて近づけて、危うく死にそうになりました」と傍若無人なトークで会場を笑わせた。

[PR]

 そんな2人に吉高は「香川さん、メイク中も『死ねコラ』とかひどかったですよね」とにっこり。さらに、吉高に対して20代から50代まで個性豊かな男性キャストがそろった中で誰が一番好みかの話題になると、はしゃぐ男性陣を前に吉高は「こうやって大人の階段を上って行くんだな」とポツリ。一番興味津々そうな生瀬をチラリと見ながら「藤原さんも30年後はこうなっちゃうんだ」と吉高らしいマイペースな発言で男性陣をバッサリと切り捨てて会場を沸かせていた。

 ほかにもギャンブルを勝ち抜いて人生をやり直す本作にちなみ人生でやり直したいことはとの話題になると、福本は「高校が男子校だったので学生生活をやり直したい」と共学を希望。これに反応した香川も「僕も小中高と男子校で暗黒の12年間だったので、やり直せるなら女子校に入りたい」と声を上げると、伊勢谷も負けじと「宣伝で何回かテレビに出させてもらったときに、アダルトビデオは企画ものが好きって言っちゃったのを取り消したい」と懇願。熱い不幸自慢を展開して会場を爆笑の渦に巻き込んでいた。

 本作は、累計1,900万部の売り上げを誇る福本伸行原作の人気コミックの映画化第2弾。原作でも特に人気の高いエピソード「欲望の沼」をメインに、カイジ(藤原竜也)たちが再び命懸けのゲームに挑む姿を描く。(取材・文:中村好伸)

映画『カイジ2~人生奪回ゲーム~』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]