Googleで今年最も話題になった人は「なでしこジャパン」!映画部門では『アンフェア the answer』!島田紳助、武井咲もランクイン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
Googleで今年最も話題になった「なでしこジャパン」 - Joern Pollex/Getty Images Sport

 Googleが年間検索ランキング2011を発表し、「話題の人」の1位には「なでしこジャパン」が選ばれた。ほかに同カテゴリには島田紳助武井咲チャン・グンソク高岡蒼甫などがランクイン。急上昇ワードは「地震」「停電」「放射能」といった東日本大震災関連の語が上位を占めた。

今年最も検索された映画!『アンフェア the answer』写真ギャラリー

 Google年間検索ランキング2011は、今年同サイトで最も検索されたワードや検索が急上昇した話題のワードをカテゴリ別に紹介したもので、「話題の人」では「なでしこジャパン」が見事1位に。2位には引退した島田紳助、3位にはブレイクを果たした武井咲がランクイン。ほかにも、エンターテインメント関連では韓流スターのチャン・グンソク、ツイッターでの発言が話題になった高岡蒼甫などがランクインしている。同カテゴリでは7位にランクインしたAKB48は、「話題の人(女性)」カテゴリでメンバーがトップ10に6人入っており、さすがの一言だ。

[PR]

 また、映画カテゴリでは篠原涼子主演の映画『アンフェア the answer』が1位に。2位、3位にはアニメ映画『手塚治虫のブッダ』、『セカンドバージン』が続き、邦画の強さが目立った。一方の洋画ではジョニー・デップアンジェリーナ・ジョリーが共演した『ツーリスト』が1位、Facebook創設者を描いた『ソーシャル・ネットワーク』が2位にランクイン。それぞれ映画総合ランキングでも4位と5位に入っている。洋画も好調かと思いきや、アカデミー賞作品賞を受賞した『英国王のスピーチ』はランク外という寂しい結果に終わっている。

 昨年比で検索ボリュームが急上昇した話題のワードを対象にした「急上昇ワード」では、「地震」「停電」「放射能」「原発」「東京電力」と実にトップ5を震災・原発事故関連のワードが独占。続いて「iPad2」「iPhone5」「Facebook」といったワードがランクインしている。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]