リア・ミシェル、「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役に選ばれなかったらミジメ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ミジメな思いはしたくないの…… -リア・ミシェル - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

 映画『英国王のスピーチ』でメガホンを取ったトム・フーパーが手掛ける予定のミュージカル「レ・ミゼラブル」の映画化でエポニーヌ役候補に挙がっているテレビドラマ「Glee/グリー」のリア・ミシェルが、落ちたらものすごいミジメな思いをすることになると語った。

リア・ミシェル出演映画『ニューイヤーズ・イブ』写真ギャラリー

 「選ばれなかったら、どれだけミジメな思いをすると思う? これまでだって絶対にやりたい役を落ちたことは何度もあるけど、今では世間がわたしのことを知っているでしょう。以前に、共演しているディアナ・アグロンがスパイダーマンの映画のヒロインに選ばれなかったとき、すごく気まずかった。候補になるだけで光栄だけど、同時にプライベートなことでもある」とニューヨーク・マガジンに語った。

[PR]

 知名度が低かったころなら、オーディションに落ちても恥ずかしくないが、今となっては「レ・ミゼラブル」に選ばれなかった女優になりたくないという思いが強いようだ。エポニーヌ役にはスカーレット・ヨハンソン、カントリー歌手のテイラー・スウィフトなども候補に挙がっていると報じられており、リアは彼女らの名前を聞いて、自分がそこに名を連ねたことに興奮はしたと言っている。

 WENNによると、すでにヒュー・ジャックマンラッセル・クロウアン・ハサウェイジェフリー・ラッシュヘレナ・ボナム・カーターの出演が決まっている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]