『ジョン・カーター』特報映像が解禁! 重力の関係でジャンプ力と腕力が増す!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新たな超大作の予感! - (C)2011 Disney. JOHN CARTER(tm) ERB, Inc.

 2012年4月13日に公開予定の『ジョン・カーター』の特報映像が解禁となり、主人公のジョン・カーターテイラー・キッチュ)が迷い込む未知なる惑星「バルスーム」の想像を超えた世界観と、そこで繰り広げられる壮大で圧倒的なアクションシーンが明らかになった。

解禁された映画『ジョン・カーター』特報

 映画『ファインディング・ニモ』『ウォーリー』などのピクサー作品で知られるアンドリュー・スタントン監督が初めて実写を手掛けることが話題となっている本作。原作は、「類猿人ターザン」などで有名な小説家エドガー・ライス・バローズの傑作SF小説「火星」シリーズの第1作となる「火星のプリンセス」。スタントン監督が長年に渡って実写化を夢見、映画『スター・ウォーズ』シリーズや『アバター』に多大なインスピレーションを与えたと言われるバイブル的な作品だけあって、その映像のスケールもケタ違い。舞台となるのは、地球を凌駕(りょうが)する高度な文明を持ちながら、全宇宙を支配しつつある“マタイ・シャン”によって滅亡の危機に瀕していた架空の惑星バルスーム。特報ではまず、見渡す限りの砂漠が広がり、廃墟と化した都市バルスームの壮大なビジュアルに目を奪われる。

[PR]

 また、特報では、ネクストブレイク俳優の筆頭株と言われるテイラー・キッチュ演じるジョン・カーターによる超人的なバトルシーンも解禁されている。たった一人で大勢の敵に立ち向かうジョンは、次々と迫りくる敵の攻撃をかわし、剣を手に戦いを挑む。そして何よりも注目なのが、地球上ではありえないようなジョンの超人的なジャンプ力だろう。本作の舞台となる未知なる惑星「バルスーム」は、重力が小さいため、相対的にジョンのジャンプ力や腕力が増幅しているのだ。敵の攻撃をかわすために、力の限り高く、高く宙を舞うジョンの姿は思わず拳を握ってしまうことは必至。また、緑色の敵キャラクターの造形のユニークさも見どころの一つと言っていいだろう。

 まだまだ謎のベールに包まれている本作であるが、特報を観ているだけでも、そのスケールの大きさ、そしてハラハラドキドキしてしまうようなアクションの熱さが伝わってくる。本作の公開は2012年4月13日。今からその完成が楽しみだ。(取材・文:壬生智裕)

映画『ジョン・カーター』は2012年4月13日(金)より2D/3D同時公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]