メリル・ストリープが29年ぶりアカデミー賞主演女優賞受賞に本気勝負!渾身のマーガレット・サッチャーに!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』ポスター画像 - (C) 2011 Pathe Productions Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute.

 メリル・ストリープが、イギリス初の女性首相マーガレット・サッチャーを演じることで話題の映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』の予告編が解禁された。その映像からは、アカデミー賞史上最多16回ノミネートを誇るメリルの、映画『ソフィーの選択』以来29年ぶりのアカデミー賞主演女優賞獲得を期待させる渾身(こんしん)の演技が伝わってくる。

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』予告編

 昨年は、コリン・ファース主演でイギリス国王ジョージ6世の吃音(きつおん)症との闘いを描いた映画『英国王のスピーチ』が、作品賞、主演男優賞、監督賞、脚本賞を受賞と席巻されたアカデミー賞。『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』でメリルが演じたサッチャーは、ロンドンから遠く離れたリンカンシャー州グランサム出身。地方の労働者階級出身だった彼女は、首相まで上り詰めるために、発音訓練を受け、なまりを矯正したことも知られている。今回、解禁された予告編でも、「鉄の女」と呼ばれたサッチャーの苦悩が印象的。「鉄の女」である前に、妻であり、母であり、一人の女性であったサッチャー。2008年、彼女が認知症を患い闘病中であることを知らせるニュースは、世界中に衝撃を与えたが、映画では、夫の死を忘れてしまうほど記憶力が減退したサッチャーの姿まで描かれているようだ。

[PR]

 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』で描かれるのは、フォークランド紛争での勝利、労働組合制度の改革、低迷する財政の立て直しなど、「鉄の女」と呼ばれるほどの強い信念で、政治を進めた裏にあった一人の女性としてのサッチャーの姿。『マンマ・ミーア!』でメリルとタッグを組んだフィリダ・ロイド監督のメガホン、映画『アイリス』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したジム・ブロードベントの共演で、「鉄の女の涙」が描かれる。なお、本作でメリルはすでにニューヨーク映画批評家協会賞、ニューヨーク映画批評家オンライン協会賞主演女優賞を獲得している。(編集部・島村幸恵)

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』は2012年3月16日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]